ナーフ銃 メディエーター買ってみた

先にS&Tの電動UMP45をレビューするはずでしたが、ご了承を。(ていうか、S&TのUMP45いつレビューするねん?ええ、弾速計を買ったら、です(汗))

で、タイトルの通り、ナーフ銃のメディエーターです。子供向け玩具とはいえ、トイガンファンとしてずっと気になっていたので買ってみました。

パッケージはこんな感じ。前面に透明なブリスターがなくそのまま筒抜け、店頭に置いてあれば直接製品に触れる状態です。対象年齢8才以上、マルイ の銀ダンより一才上。Amazon出店にて2300円也。
006A9F38-6B2A-48BD-8165-698A389127B2.jpeg

裏面。色々書いていますが、別売パーツを追加すれば長物化できるようです。
A1416DBF-2364-4DF7-B09B-7D0924BC3A12.jpeg

製品を固定しているビニール製(多分)のバンドをハサミでカットし、本体を取り出しました。弾やマガジンは別として、銃本体がマガジンハウジング部分が分解された状態になっています。パチっと嵌め込むだけですが、これがけっこう固い。箱を見ると、保護者の方による組み立てが必要と明記されてました。なるほど。ちなみに、ほぼ樹脂製ですが、摩擦部分の潤滑油か結構全体的にオイリーでした。弾は6発付属。
2FF1DD98-7A0D-4581-BFE8-CA86643407DC.jpeg

マガジンハウジングにはちゃんとマガジンキャッチ(オレンジ色の部分)あります。ステンガンのようにマガジンは横から差し込みますが、下向きにしてもマガジンは自重では落下しません。弾は先端のブレット部分含め、スポンジのような非常に柔らかくまた軽い素材です。
DF8E6490-0CAF-45B6-ACE6-B9954CE7DCE6.jpeg
それとマガジンの横に設けられたスリットですが、マガジンを銃に差し込むと肝心のスリットが全てマガジンハウジングに隠れて残弾が確認できなくなってしまいます。

マガジンを装着せずにフォアグリップを引いた状態。エジェクションポートに相当する扉は普段は閉じていますが、フォアグリップを後退位置にした時のみ手動で開けます。フォアグリップはコッキング後その位置で停止、撃つには手動で完全に戻す必があります。
6302C70D-8F66-4F41-AF7F-BF335E37EB7C.jpeg

弾入りマガジンを挿した状態。弾は実銃さながらにチャンバーに送り込まれる…と思いきや、残念、その場に居座っています。
E8FD5625-B1DF-48F5-B044-58BDD8115A09.jpeg

ちな閉じた状態。あ、排莢なんかもありませんよ。ブレット、ケース丸ごと飛んでいきます。念のため。
27AD815E-68A8-47F0-B510-DB0B1979214D.jpeg

トイガンやっている人ならもしかしたら真っ先に気になるでしょうかね。辛うじて20mmレール対応オプションが装着できます。ただし、ガタ付きこそないものの、安定性は悪いです。形状はピカニティピカティニーレールもどき、最悪パーツが落下する可能性もあります。
3B09D839-3AED-4BD9-91EB-E289BAADEBB2.jpeg

説明書。ブログではトイガン、または実銃としての名称を使用していますが、ナーフ銃では例えばマガジンをクリップと表現したりしています。
025EF9C0-6823-4B8F-8C44-490B7362938F.jpeg

FCCE125B-9EAA-4215-B4FA-164B83B142FF.jpeg



さて、操作ですが、基本的にエアコキショットガン&マガジンが外せない実銃MP5と言ったところですかね。実銃のMP5はボルトを痛めないためコッキングハンドルを後退させ引っ掛けた状態でマガジンの着脱を行いますが、このナーフメディエーターはフォアグリップを後退させないと物理的にマガジンが抜けません。どうやらフォアグリップを前進させるとマガジンリップの隙間にシリンダー(?)が入り込んでしいるようで、装着もマガジンが途中までしか入りません。ちなみに、フォアグリップを完全に前進させないとトリガーが弾けず、これなら中途半端コッキング発射&内部パーツ破損というリスクは低そうです。マニュアルセーフティのようなものはなし。
飛距離ですが、有効射程数メートルといったところ。当然ライフリングもなく、エアガンのような命中率は期待できないです(いちおうブレットが重くこれを先端に飛翔はするようですが)。10禁エアガンが自分の手のひらを撃った時チクッという痛みがありますが、こちらは痛みというより鈍い衝撃ですかね。説明書には顔や目に向けて撃つなと書いています。ゴーグル指定はなし。


総評として、トイガンファンなら誰もが憧れるマガジンへの矢状の物体を装填、発射というアクションが楽しめるのは魅力的なところ。ただし、これはあくまで実銃に関心のあるブログ主個人の感想。他のモデルだと弾の装填方法は異なるし、純粋に子供でも安全に楽しめる玩具としては何とも。というのも、操作がリアルな分、トラブルを起こす可能性もありそうなので。今のところフィーディング系のジャムは発生していません。取説にジャム発生時の対処法ありますが、樹脂としては割れにくい弾力のある素材ですかね?大人だとサバゲでもしない限り本当に乱暴に扱うことはなさそうなので、ここはAmazonなどの第三者のレビューの方が参考になるでしょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0