アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
ほびより!
ブログ紹介
思い立ったが吉日!
「ほびより!」
ホビーな日和、ホビーに偏ったブログです(笑)
エアガンやモデルガンのレビューやプチカスタム、時々フィギュア、初音ミクPDAとか。
お座敷シューター視線で色々と。
zoom RSS

マルシンMG M9 HWにサイレンサー

2017/09/19 00:58
先週の金曜日に田中さんところにパーツ請求の現金書留を送付、郵便局の方は日曜日到着、田中さんは毎週月曜日にパーツを発送しているとのことですがまだ届かない…一週間遅れか?

で、本題。
以前タニオコバのこういった製品(↓


を買っていたのでマルシンのMG M9HWのマズルに取り付け、こんな感じに。
画像
なお、そのままだとネジの方が大きく取り付け出来ないので、家にあった直径11mmのドリル刃でモデルガンのマズルの穴を掘削しています。あ、インサートには手を出していないので。

ところで、VP9用のやつ

AMG 14mm逆ネジアダプター UMAREX/VFC VP9
AirsoftMasterGunsmith

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by AMG 14mm逆ネジアダプター UMAREX/VFC VP9 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

だとネジが浅すぎて強度が足りないかも。
まあバレル側が樹脂なので、どっちにしても特に長いサプレッサーを取り付けた際は慎重に扱った方が良いかと。

で、少し話が変わって、先日買った別個体の方ですが、要するにマルシン・クオリティなので思い切って発火、そこそこ撃ったので完全分解して、ついでにフレーム及びスライドを塗装することにしてみました。(完成品買った意味がないw)
画像
塗装後の状態を、実銃の質感を再現したというマルイのGBB M9A1と比較。スライドはいい感じですが、フレームがちょっとイマイチかな?まあ元のグレーに近い黒染め質感よりは随分マシになりましたが。
ちなみに、使用した塗料はGSIクレオスのMr.カラー。トイガン用のもの使えよという話ですが、スライドとフレームの微妙な質感を再現するとなるとおそらくスライドは半艶消しがベストだろうということで、色の選択肢の多い模型用の方を選択。スライドはセミグロスブラック、フレームは艶消しブラックを使用しています。タミヤとGSIだと後者の方が塗膜が強いそうですね。そして、それらよりも一般のラッカーの方が強い…。インディのブラックパーカーがベストだとは思いますが、半艶のものがラインナップされてない…。アサヒペンの高耐久ラッカーというものもありますが、これも半艶のものはなし。

ま、インディのとて固い物で擦ると跡形残るそうだし、今回はどちらかというとテスト塗装。マルシンのHWはシンナーにドブ漬けしても特に問題ないはず、完全塗り直しが出来るので。(ただし、スライドのリアサイトのみABSっぽい、これはダメになるでしょうね)

さ、どれくらい乾燥させようか。
最近、職場に鉄製のカゴ車が新たに納入されまだ製造直後かペンキの臭いがプンプン漂っているのですが、やはり塗膜がまだ柔らかいようで、カゴ車同士接触させると比較的簡単に表面が削れてしまうようです。
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


メッキと塗装の質感云々…

2017/09/16 10:59
前回からの続き。
GSIクレオスのシルバーを用意。
画像
いきなり本体を分解したりせず、まずは様子見。
余っていたスマホやタブレットを立てる樹脂製スタンドに適当に吹き付け、銃本体側と比較。
画像
全然違いますね。エアコキステンレスのメッキはただのスプレー塗料のシルバーに毛が生えた程度と考えていましたが、どうやら認識が甘かったようで。ベレッタ社の公式サイトを見る限り、フレームは完全なマット質感、スライドはそれよりやや金属な輝きがある程度に見えるのですが。
というわけで、フレームだけシルバーに塗装するという画策は早くも崩壊。

以前PC用モニターのフレームにタミヤのアルミシルバーを塗装していたので、それとも比較。
画像
実銃はフレームがアルミなので、フレームには後者を塗るべき?スライドはこれよりやや金属質感な塗料か?

そういえば、こういったものもありますね。

アサヒペン メッキ調スプレー 300ML シルバー
アサヒペン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by アサヒペン メッキ調スプレー 300ML シルバー の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

他のブログ主様からの情報を引用すると、質感はシルバー塗料よりややメッキっぽいものの、素手で少し触るだけで表面が落ちてくるそうで。クリアスプレーでコーティングするとえげつないことになるんだとか。

う〜む。ゴチャゴチャ考えるより、実銃の質感を忠実に再現したというタナカの新MG M92Finoxを入手すべきなのかな?何とか市販の塗料で実銃の質感を再現出来ればいいのですが。マルシンのHWの方にそれを適用したいので。



で、自分で思っていたよりも金属っぽかったので、牛さんカラーから戻しました。
画像
追加注文したレーザーサイト、機能上は問題ないものの、ネジの頭が一本、豪快に潰れていました。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


恐怖の牛さんカラー

2017/09/15 14:17
現行の実銃ベレッタ92イノックスに従って、東京マルイのエアコキM92Fステンレス(10禁)の小物をブラックバージョンのパーツを移植してみました。
画像

画像
近々発売されるであろう、タナカさんのMGで同じことをするとすごくお金が掛かってしまうので。
マガジンキャッチやハンマー、トリガーも黒と交換できるのですが、これはグリップを外すよりさらに本格的な分解が必要、その時はスライド側の小物の黒化含め、フレーム自体をシルバーで塗装してみます。
ちなみに、画像のサイレンサーはただのライラクスのファット150ですが、消音効果抜群。深夜でもない限りポチポチお気軽にお座敷シューティングが楽しめます。

話が変わりますが、KSCからM93R用のマウントベースが紳士用となって再販とな。
画像
例の某リサイクルショップで買わなくて良かった…。KSCさん次はモデルガンの本体の方での再販希望。
あ、twitterでも言っていましたが、これにてオスプレイサプレッサーの購入は延期。(別売変換アダプター含めるとかなり高いw)
いずれ下の動画のようにタナカさんのMGにサプレッサーを取り付けたものを家の中で発火させてみたいのですが。


AAC Ti-RANT 9、Sタイプならトイガン用でありますね。


実際はまあ発火後のメンテナンスを考え、サプレッサーは外した状態で撃つつもりです。鑑賞時用のサイレンサーのねじ込みはVP9用サイレンサーアダプター用を悪用する予定。(インサートを弄ることになる可能性もあるし、やはり御法度か。
そういえば、エアガンであるUSP45の方も、やはりリアルロッキングなバレルに付けたまま撃つと、銃の寿命を縮めかねるかも。国内製の比較的安価&今後も安定して供給が続くであろうGBBならやるだろうけど。
(マルイのHK45 tacticalにゴツいサイレンサー付けて撃ったらどうなるんだろうね?)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


M92Fレーザーサイト、取り付け完了

2017/09/13 11:37
この商品↓



以前紹介しようとして上手く取り付け出来ないとして放置していたやつですが。
いっそのこと中にパテを詰めて、そのまま銃のトリガーガードに押しつけて型をとってみようとか考えていましたが、そんなことする必要もありませんね。
東京マルイのエアコキの場合ですが、この部分にアルミテープを重ねたものを貼るだけでOKっぽいです。これで十分ガッチリ固定。
追記:マルイのエアコキの場合、トリガーガードの前方側12枚、下側は10枚重ねくらいでちょうど良さそうです。
画像

画像


サイドの隙間もアルミテープ埋め。ただ、ネジを強く締めると隙間が広がるっぽいので、もう少し取り付け方煮詰めた方がいいかな?
画像


木グリ付けたマルシンのMG M9HWと。ぶら下がってるレーザーサイトはハートフォードのビームフォードe。
画像


VFC VP9と。レーザーサイトは中華製
画像


中華製のレーザーサイトですが、衝撃で光軸がズレることもなく(固定用ネジもあります)、なかなかよさそうです。
本当、Amazonのレビュワーさんも酷評していますが、ビームフォードe、中華製よりもダメダメですねぇw
最近、ガンプロでTOSHIさんがよく載せている中華製(だろうと仰っていた)と同型と思われるレーザーサイトも持っているのですが、これも結構よく出来ています。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


エディオン来店記念品 LEDライト

2017/09/09 14:21
別館に書くべきかなと思ったのですが、トイガン…タクティカルライト…というわけで、こちらに書いてみます。

エディオン来店記念品のLEDライトをもらってきました。
アルミ製、単3電池一本使用、非防水。後ろのテールスイッチはカチッカチッと物理的に電気を遮断する機械式の構造ようですが、ON/OFFを繰り返すたびに「強」「弱」「フラッシュ」と光のモードを切り替えられます。スイッチONの状態から消灯せずに半押しすれば、ショートカットで切り替え可。なお、OFF状態からの半押し間欠点灯および光モード切替は不可。
画像

画像

画像

アルミ製。前面は球形(?)レンズ、ストラップ用の穴がありますが、ストラップ自体は付属せず。

照射範囲はかなり狭め。伸ばした腕の、手の横幅が照射範囲の直径とほぼ同じかそれくらいのイメージ。明るさもそれなり。(画像は「強」、一見強力そうに見えますが)
画像


画像の通りベゼルを伸ばしてランタン風にも。その場合、大した明るさは出ない(というより、LEDの光の大部分が地面に当たり無駄になっている)ので、夜間を歩く際の自身の存在を周囲にアピールするためのもの程度と考えた方がいいかも。
画像

以上、相変わらずライトをコレクションし続けているぎぃぃさんよりレポートw
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


− タイトルなし −

2017/09/09 13:39
マルイのGBB M4A1が発売されましたねぇ。
画像


そしてKSCからはMEGA ARMS AR-15 エンハンスドが発売予定。
画像


海外DETONATORからはサイレンサー装着時にも照準の邪魔にならないマグロ用サイトセット。
画像
VP9用のものが発売されたらいいなと思っていたりするのですが。


いや、ちょっと気になる製品が立て続けに発売されたので、書いてみただけです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


マルシン モデルガンM9(完成品) HW購入

2017/09/08 12:17
twitterでも言っていましたが、マルシンのMG M9HW完成品を購入。同製品をすでに持っているのでリピート購入、おさらい気分でもう一度さらっと紹介。

パッケージはシール貼っているだけの簡素なもの。発泡スチロールに収まっているわけではないので、上に重い物を乗せて保管するのは避けた方がいいかと。
画像

画像


取説はいつもの。2015年版のカタログ冊子が入っていました。
画像


全く手を加えていない素の状態で721g。
画像


やはり新品、各部分がカッチカッチでタイト。現在手持ちの同製品は、記憶では数百発発火させたと思うのですが、各部ガタガタ。
順を追って書いていくと、
1.セーフティ兼デコッキングレバーがブカブカ状態、レバーを押し下げ、上からスライドを抑えることで初めてデコッキングされます。さらに、デコッキング状態でトリガーを引くと、一瞬ながらハンマーが起き始めるという…。

2.ファイアリングピンが変形したのか、空撃ちすると、ほぼ100%ファイアリングピンが前進したまま固着してしまいます。(この製品の持病らしい)
画像


3.マガジンフォロアーがスライドストップを飛び越えマガジンが抜けなくなってしまいます(これも持病)。ブログ主はアルミテープをマガジンフォロアー側面のスライドストップと反対側に貼って嵩上げ、ネットでよく言われるグリップ内側にテープを貼る方法も追加し…
画像


これくらいスライドストップと掛かるようにしています。
画像


4.ただ、それでもホールドオープンした際スライドストップの軸の部分が抜けてくるので、実はブログ主はその軸の部分にアルミテープ巻き付けていたり。
(※写真はスライドストップをやや引っ張った状態です。抜いて撮影しようとしたら、抜けませんでしたw)
画像


普通にスライドストップを作動させてこんな感じ。
画像


新個体だとこんな感じ。まあ、いずれも全く抜けて来ないというワケです。
画像


新品のマガジンフォロアーとの掛かり。
画像


ところで、マルイのGBB新M9シリーズのグリップを装着して重量UPを目論んだものの、この部分の出っ張りがトリガーバーと干渉するっぽいので却下。取り付け自体は問題ない気もしますが、トリガーバー側面が無駄に摩耗するか、亜鉛合金のグリップウエイトがネジ締め込みの圧力で変形するかと予測。マルシンのMGの場合、この部分、ツライチじゃないとダメなのかな?
画像


周りの人をモデルガン沼に引きずり込むハッシュタグ用w
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

ほびより!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる