アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
ほびより!
ブログ紹介
思い立ったが吉日!
「ほびより!」
ホビーな日和、ホビーに偏ったブログです(笑)
エアガンやモデルガンのレビューやプチカスタム、時々フィギュア、初音ミクPDAとか。
お座敷シューター視線で色々と。
zoom RSS

GLOOC M92Fに直付け出来るレーザーサイト

2017/07/26 09:56
どうも。クルマをガレージの端にぶつけて修理代で諭吉さんがたくさん飛んでいきそうな仮面ぎぃぃです。
しばらくはお金のかからない方向で。
そういえばIT'S MY LIFEという漫画作品にハマっていたりするのですが、(ネット閲覧では)1刊のみですが期間限定無料らしいです。でも、タブレットからアクセスすると、なぜかその後も普通に閲覧出来たりするのですが。今のうちに読みつつ画面キャプチャ中ですw

で、本題。記事タイトル…ではないか、購入したAmazonの製品タイトルがコレ(↓)


なので。一か月ほど前に注文していた製品が中国から到着。

まあただの中華のレーザーサイトです。
画像

画像

画像

画像

画像

画像
素材は樹脂、三か所のネジを外しマウント部分を真っ二つ、トリガーガードを左右から挟むようにして固定するタイプのものです。三か所のネジの受け側には金属のインサートが入れられていてそれなりに耐久性はありそう。
とはいえ、実は銃に取り付けようとすると相当なガタ付きが出るみたいですね。各種トイガン製品の若干の形状の違いとかそういう問題ではなく、銃を振ったらカタカタと音が出てそのまま楽器になりそうなくらいw
というワケではありませんが、レビューの続きはその対策を考えてから、となりそうです。
(まあアルミテープ積み重ねて貼れば済みそうな話ですが)
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


マルゼン GBB MP5K PDW化カスタムしたやつフレーム接着

2017/07/14 15:35
いい加減なタイトル名はいいとして…。

以前カスタムしたマルゼンのMP5Kですが、モナカ構造ゆえにマガジンハウジング前方が開いてしまうという持病を放置したままでした。
ブログ主は大丈夫なのですが、他の方の報告によると、マガジンが脱落することもあるそうなので。

で、本日それを接着。
画像


接着剤はコチラを使用。
画像
もしかしたら、接着剤が負けて剥がれてくるかもしれません。マガジン着脱は丁寧にした方がいいかも。

しかし、そんなことより…。
画像

これ、後部のストック基部を差し込むピンの部分なのですが、ものすごく貧弱に見えます。
マルゼン製品はグラス繊維入り樹脂なので、簡単にパリーンと割れることはない(おそらく、グニャッと弾力で曲がるような)と思うのですが、それでも慎重に扱わざるを得ない状況です。チャージャーの方も同様の構造だと思うのですが、大丈夫なんでしょうかね?ググっても特に壊れやすいといった声はないようですが。

ところで、現在はVFCでもWEでもスチールプレスなフルメタルMP5がゴロゴロしておりますが、それを購入しても、このマルゼン製のを手放すつもりは毛頭ありません。このエアガン(言うまでもなくカスタム前の本体のみ)、2008年12月24日の購入とのことで、おそらく手持ちの銃の中で、最も古く、思い入れがあります。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


− タイトルなし −

2017/07/14 12:42
海外LCTからフルメタルG3の電動が発売されるとな。ショップに予約入れようか検討中。まあ電動ですから。WEがGBBで出すとかいう噂がありましたが、アレは没になったのか。
そういえば、VFCのHK45 CTがそろそろ出回ってきているような…。

相変わらず後手後手ですが、こんなもの買っていました。開封済みです。
画像

画像
画像
9パラのダミーカートリッジのキーホルダー、Rightの9パラダミーカートリッジ、ライラクスのポスター。
ダミーカートリッジは追加での購入ですね。店頭では別ブランドかメーカーの9パラ製品も置いていましたが、形が微妙に異なりました。キーホルダーのは(店頭で比較した限り)Rightのものと全く同じ。
ポスター…ああ、右のものは人に見られるとテロリスト予備軍扱いされそうな…いや、考え過ぎかw

ところで、ダミーカートリッジには今回シリコンオイルではなくCRC-556を噴いておきました。モデルガンにに装填することがあるためちょっと気が引けるのですが、こちらの方がシリコンオイルより防錆に優れている思うので。いや、個人の勝手な思い込みです。
こういった無香性というものもあるそうな。ゴム、プラスチック使用可能。




船用のCRC66-6だとより効果覿面なのか。



ダミーカートリッジは変色しても研磨すればピカピカになりますが、この時期、とにかく暑いので。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


雑誌

2017/07/01 00:29
ついに、夏らしくといったところですかね。
盛夏に向けて、エアコンなしでいかに快適に過ごそうかと模索中ですが、何でしょう?

1.濡らしたタオルを首に掛ける →姿勢が悪く(猫背に)なるような気が。

2.保冷剤を首や胸にくっつける →意外と効果はイマイチ。

3.保冷材を扇風機の前に置いて、冷風にしてみる。 →確かに風は冷たくなるが、保冷材が30分ほどで解けてしまう。

4.氷を常に食する。 →最も効果的と思うけど、冷凍庫の氷の消費量の問題や、何より、冷たいものを摂り過ぎると髪の毛が少なくなるという噂も。

5.もう面倒なのでシャツを丸ごと濡らして着る →実際に試したことはないが…。
実は以前釣りをしていた際、足を滑らせて池に頭の上まで転落、真夏だったのでそのまま釣りを続行したワケですが()、その時かなり快適に過ごせたという記憶があるので、もしかしたら5が最も簡単かつ効果的かも。まああの時は髪の毛を含め全身でしたけどね。上半身のみでどこまで効果があるかは分かりません。扇風機との合体技で効果を検証してみようかと。


ところで、PCがうるさいのでファンの回転数を下げました。この時期にですが。
Antec Nine Hundred Abというゲーム用のケースですが、今まで4つ搭載されているファンの回転を全てhighに設定にしていました。これを全てLowに。
OpenHardwareMonitorというソフトを入れ適当にCPUに負荷をかけてみたところ、気温30度の状況であれば最大63度程度で安定するようで。CPUはCore2Quad Q9450、ファンはザルマンの型番不明。GPUは知りません。まあ一番怖いのはHDDですが。
画像



で、前置きがかなり長くなりましたが、これ買ってみました。
画像
ブラックホークな本。ガンプロはいつものことなので略。
イカロス出版の世界の名機シリーズはミリタリー系の本の中でも読みやすいですね。書店で立ち読みする限り、どうにもミリタリー系(まあそれ以外でもマニアックな本というのは往々にして)は専門用語が多すぎて取っつきにくい印象が…。
知識はありませんが、ぎぃぃさん、軍用の乗り物ならだいたい好きです。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


WA ベレッタM1934 ノワールサイレンサーバージョン届いた

2017/06/21 11:31
先日言っていたあのモデルが手元に届きました。
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

まだ少ししか実射していませんが、とりあえず箇条書きで感想を。

・開封した時の印象は「小さい&重い」。ウエスタンアームズの製品って中で銃本体が袋詰めにされているんですね。メーカー直販だからか箱が奇麗、梱包も丁寧で検品者の押印もあり、同社の気合のようなものを感じます。

・質感は…う〜ん。重く、プラスチッキーな感触こそありませんが、表面仕上げが若干グレーっぽく、艶消しではあるもののどちらかというと「金属の上にペンキ塗りました」といった印象。実際には塗装仕上げなのですが、同様にややグレーがかったキャロムのブラックスチール塗料に比べると(個人的には)イマイチですね。フレームやスライドはグレー、亜鉛合金の小物は真っ黒という、○ゼン製品を彷彿させるような。パーティングラインはおおむね処理されていますが、フレームの最先端部分にはそのまま残っていました。この質感に30K超えというのはいかがだろうか。カーボンブラック仕様の方はそれこそ金属っぽいのかな?

・銃口ネジ切りはM14よりも小さい規格(正ネジ)で、汎用のサイレンサーやマズルプロテクターは使えず。サイレンサーは装着した状態でも、辛うじて狙えます。いちおう、内部にはスポンジが入っている模様。アウターバレルはメタル、安全対策か、下にスリットが設けられています。

・グリップが金属製ということでその質感が心配でしたが、一般的な黒染めされた亜鉛合金パーツと違い、何か上から樹脂コーティングでも施したのかというくらいしっかり表面処理されており、“冷たさ”を除けば特に金属らしさは感じられません。

・リコイルショックは…出来ればマルゼンのPPK/Sとも比べたかったけど手放してしまった…。タナカのコルト380オートステンレスと比べると、ややM1934に軍配が上がるかな?こちらの方が歯切れがよい、短く重い衝撃が来ます。
(※タナカの方はグリップを木製のものに交換、結果軽量化されています。あとM1934はサイレンサーを外した状態で、です。)
記憶を頼りにすると、マルゼンのPPK/Sが最高かと。

・個人的に最も気になるのが、ボトム式のマガジンキャッチ。操作しにくいとか云々の話ではなく、これの固定爪の部分が幅こそ広いものの細い亜鉛合金(たぶん)のため、いずれポキッ折れてしまいそうで。

・その他、重量や装弾数、ポストカード付属の件に関してはカタログスペックで分かるかと思うので省略します。初速等に関してもまだ慣らしが完了していないので同様。買ってみないと分からないことの一つに、製品付属のカタログですが、とにかくメディア作品とのコラボ製品が多いですね。

総評として、これが20K以下なら十分買いかと。さすがに30Kオーバーはちょっと。どうせ高いならあと数千円上げてもいいから、ネジ切りなしのバレルも付属させてくれるとありがたいんだけどサイレンサーをねじ込む関係でスライドの銃口が飛び出す穴の部分がより広くなっており、どうやらこのモデル専用のようです。マグキャッチをスチール製にするのはさすがに無理か?ネットで調べるとココが壊れたという報告は見受けられないようですが。

まあ、こんな感じかな?以上、ちょっと手抜きですw
馬がVP9 SK出したら速攻で買ってまたレビュー…するかな?HK45 CTは今のところスルーの予定。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


人生初の、ウ○スタン○ームズ製品…

2017/06/17 15:03
いや、まだ手元に届いたワケではありませんが、ポチッてみました。
ネットで調べるとこの会社色々言われていますね。その過去の出来事は事実なのかもしれませんが、さあ果たして製品自体はどうなんでしょう。逆にいくら会社の経営がクリーンでも製品がダメだと意味ないですからね。
(タ○カさんところのMGのパーツがアッサリ割れたのを見て、ネット上の噂は本当だっry)

「え?何のモデルを買ったかって?それは届いてからのお楽しみ…ではなく、普通にGBBのベレッタ1934」


アフェリ貼ったら伏字の意味がありませんね。
この作品自体はよく知りません。つべで見てみましたが

女性が大暴れするGUNアクションというものはあまり好みではありませんがどうなんでしょう。ネットの知り合いの方は別の作品ですが好きな方多いですね。
個人的には最近はこういった滑稽な方が好みw


先日の落書き。女の子に戦わせるのが嫌なら男の娘ならどうか?性別どころか年齢まで不詳ですなこの人w
画像
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


ケンコーMICRO SCOPE 60〜120倍小型顕微鏡(STV-120M)を買ってみた

2017/06/16 13:00
UmarexからGBB HK45 compact tacticalが発売とのこと。
手を出そうか迷っています。

さておき、こんなの買ってみました。
画像

画像

画像




簡単にいえば、ポケットサイズの顕微鏡。何か面白そうだったので。
倍率は60〜120倍、対物レンズ脇にLEDライトが仕込まれており、対象物がしっかり明るく見えます。電池は単四サイズが一個。

で、その辺にあるものを見てみました。

ティッシュ
画像


BB弾(マルイ0.25非バイオ)
画像


腕時計の金属製のバンド
画像
腕時計とは、これの右の方のもの。左のもほとんど同じような感じです。
画像

ふむふむ、なかなか興味深いですね。子供の頃の好奇心を取り戻しそうです。
記事へ面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


続きを見る

トップへ

月別リンク

ほびより!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる