アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
ほびより!
ブログ紹介
思い立ったが吉日!
「ほびより!」
ホビーな日和、ホビーに偏ったブログです(笑)
エアガンやモデルガンのレビューやプチカスタム、時々フィギュア、初音ミクPDAとか。
お座敷シューター視線で色々と。
zoom RSS

WA ベレッタM1934 ノワールサイレンサーバージョン届いた

2017/06/21 11:31
先日言っていたあのモデルが手元に届きました。
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

まだ少ししか実射していませんが、とりあえず箇条書きで感想を。

・開封した時の印象は「小さい&重い」。ウエスタンアームズの製品って中で銃本体が袋詰めにされているんですね。メーカー直販だからか箱が奇麗、梱包も丁寧で検品者の押印もあり、同社の気合のようなものを感じます。

・質感は…う〜ん。重く、プラスチッキーな感触こそありませんが、表面仕上げが若干グレーっぽく、艶消しではあるもののどちらかというと「金属の上にペンキ塗りました」といった印象。実際には塗装仕上げなのですが、同様にややグレーがかったキャロムのブラックスチール塗料に比べると(個人的には)イマイチですね。フレームやスライドはグレー、亜鉛合金の小物は真っ黒という、○ゼン製品を彷彿させるような。パーティングラインはおおむね処理されていますが、フレームの最先端部分にはそのまま残っていました。この質感に30K超えというのはいかがだろうか。カーボンブラック仕様の方はそれこそ金属っぽいのかな?

・銃口ネジ切りはM14よりも小さい規格(正ネジ)で、汎用のサイレンサーやマズルプロテクターは使えず。サイレンサーは装着した状態でも、辛うじて狙えます。いちおう、内部にはスポンジが入っている模様。アウターバレルはメタル、安全対策か、下にスリットが設けられています。

・グリップが金属製ということでその質感が心配でしたが、一般的な黒染めされた亜鉛合金パーツと違い、何か上から樹脂コーティングでも施したのかというくらいしっかり表面処理されており、“冷たさ”を除けば特に金属らしさは感じられません。

・リコイルショックは…出来ればマルゼンのPPK/Sとも比べたかったけど手放してしまった…。タナカのコルト380オートステンレスと比べると、ややM1934に軍配が上がるかな?こちらの方が歯切れがよい、短く重い衝撃が来ます。
(※タナカの方はグリップを木製のものに交換、結果軽量化されています。あとM1934はサイレンサーを外した状態で、です。)
記憶を頼りにすると、マルゼンのPPK/Sが最高かと。

・個人的に最も気になるのが、ボトム式のマガジンキャッチ。操作しにくいとか云々の話ではなく、これの固定爪の部分が幅こそ広いものの細い亜鉛合金(たぶん)のため、いずれポキッ折れてしまいそうで。

・その他、重量や装弾数、ポストカード付属の件に関してはカタログスペックで分かるかと思うので省略します。初速等に関してもまだ慣らしが完了していないので同様。買ってみないと分からないことの一つに、製品付属のカタログですが、とにかくメディア作品とのコラボ製品が多いですね。

総評として、これが20K以下なら十分買いかと。さすがに30Kオーバーはちょっと。どうせ高いならあと数千円上げてもいいから、ネジ切りなしのバレルも付属させてくれるとありがたいんだけどサイレンサーをねじ込む関係でスライドの銃口が飛び出す穴の部分がより広くなっており、どうやらこのモデル専用のようです。マグキャッチをスチール製にするのはさすがに無理か?ネットで調べるとココが壊れたという報告は見受けられないようですが。

まあ、こんな感じかな?以上、ちょっと手抜きですw
馬がVP9 SK出したら速攻で買ってまたレビュー…するかな?HK45 CTは今のところスルーの予定。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


人生初の、ウ○スタン○ームズ製品…

2017/06/17 15:03
いや、まだ手元に届いたワケではありませんが、ポチッてみました。
ネットで調べるとこの会社色々言われていますね。その過去の出来事は事実なのかもしれませんが、さあ果たして製品自体はどうなんでしょう。逆にいくら会社の経営がクリーンでも製品がダメだと意味ないですからね。
(タ○カさんところのMGのパーツがアッサリ割れたのを見て、ネット上の噂は本当だっry)

「え?何のモデルを買ったかって?それは届いてからのお楽しみ…ではなく、普通にGBBのベレッタ1934」


アフェリ貼ったら伏字の意味がありませんね。
この作品自体はよく知りません。つべで見てみましたが

女性が大暴れするGUNアクションというものはあまり好みではありませんがどうなんでしょう。ネットの知り合いの方は別の作品ですが好きな方多いですね。
個人的には最近はこういった滑稽な方が好みw


先日の落書き。女の子に戦わせるのが嫌なら男の娘ならどうか?性別どころか年齢まで不詳ですなこの人w
画像
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


ケンコーMICRO SCOPE 60〜120倍小型顕微鏡(STV-120M)を買ってみた

2017/06/16 13:00
UmarexからGBB HK45 compact tacticalが発売とのこと。
手を出そうか迷っています。

さておき、こんなの買ってみました。
画像

画像

画像




簡単にいえば、ポケットサイズの顕微鏡。何か面白そうだったので。
倍率は60〜120倍、対物レンズ脇にLEDライトが仕込まれており、対象物がしっかり明るく見えます。電池は単四サイズが一個。

で、その辺にあるものを見てみました。

ティッシュ
画像


BB弾(マルイ0.25非バイオ)
画像


腕時計の金属製のバンド
画像
腕時計とは、これの右の方のもの。左のもほとんど同じような感じです。
画像

ふむふむ、なかなか興味深いですね。子供の頃の好奇心を取り戻しそうです。
記事へ面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


タナカ モデルガンUSP EVO(非ハイパフォ)いろいろメモ

2017/06/15 11:10
タナカのMG USPですが、故障こそしていませんでしたが一部パーツにガタがあり、先週タナカにパーツ注文をしておりました。昨日、そのパーツが到着。
画像
タナカさんところは毎週月曜日パーツ発送、水曜日に到着しました。

で、中身はこちら。
画像
パーツNo.38トリガー・バーと、No.56ランヤード・ループ・インサート。
後者の方は早々壊れそうな部品でもないのですが(ないと思いますが)、以前金属製のランヤードを取り付けていてその影響で周囲が傷だらけでみすぼらしい印象だったので。

トリガーバーの方はこう。
画像
先端のトリガーの穴に入り込む部分が外れていました。これでも機能自体には問題ないのですが、やはり気持ちいものではないので。瞬間接着剤で固定することも考えましたが。元々は円筒形の端の部分がテーパー状に潰されて抜けないようになっています。

分解にはこちらの動画を参照。


で、その途中、パーツが二点ほどポキっとなw
画像
No.42ハンマー・アクスルとNo.49ディテント・プレートが…。形状的にも弱そうでしたからね。ちなみに後者のディテント・プレートですが、微妙に磁石が反応します。

分解したパーツを並べてみました。
画像
他にも、怪しいパーツがいくつかありますね。基本、バネや平べったいパーツはスチール製のようなので大丈夫だとは思いますが、No.34シアーやNo.36キャッチに関してはいずれ折れそうです。

パーツ注文が面倒ですね。まあ、これの続きの件もありますので修理はあえてまだ先延ばし?
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


KSC M93RC 3点バースト組み込み

2017/06/10 17:34
今回もどうということのないお茶濁し程度の話。
以前購入してそのままにしていたKSC M92RC、3点バーストキットを組み込んでみました。

どうでもいい話ですが、銃や小物って、大理石の上で撮ると映えますねぇ個人的主観。
画像


KSCから別売されている3点バースト組み込みキット。説明書がありませんが、銃のマニュアルの方に組み込み方法が書かれています。
画像


元々の状態。
画像


取り付け後。矢印のスプリングで持ち上げる部分がやたら滑って外れてしまいます。もう少し形状的に工夫は出来なかったのか…。
画像


まあ、今回も特にどうということもないのです、はい。
溜まっているブツをネタに消化していくつもりです。
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


PSO-1スコープのスイッチを…

2017/06/06 09:43
以前購入、紹介した軍規格OEMだのPSO-1スコープ。
画像

これのレティクルのスイッチですが…
画像
実は以前このトグルスイッチの固定が緩んできまして、樹脂製のカバー(その時は知りませんでしたが、これ防水カバーだったんですね)を傷付けまいと自分の爪で締め直してみたところ、盛大に表面がボコボコになってしまったんですよ。
もういいやということでその後ペンチでガッツリ締め込みましたが、さすがに画像のような状態だと目立たないとはいえ見栄えが悪い…。

ということで、その防水カバーとやらを購入。わざわざAmazonで中国から取り寄せずとも日本橋のシリコンハウスあたりで買えばよかったのですが、まあ特に急いでもいなかったので気長に待ちました。腐るほど入っています。
画像


固定用のネジと一体になっていますね。
画像


スコープ側のトグルスイッチはすでに固定されているのでこの上にカバーだけを重ねることにします。
画像


左が今回購入した方、右がスコープオリジナル。見た感じ全く同じ製品。
画像


まあ特にどうということはありませんが、気持ち的に随分スッキリしました。
画像








記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


レプリカBLACKHAWK CQC M92F用ホルスタ買ってみた

2017/06/06 08:54
はい。例の如く、買っていました。
画像

画像


ベルトに引っかけるアダプタ部分は取り外し可能…ていうか、交換用のものが付属していたのですが行方不明。←
下にアフェリ貼っていますが、この他にもベルトに“通す”タイプのアダプタが付属しています。
ホルスタ側のネジ穴には金属製のインサートが埋め込まれており、繰り返しの着脱にもネジが効かなくなる可能性は低いかと。
画像


こんな感じでホルスターの向きを変えられます。
画像

画像


この部分を押せば銃が抜き取れます。戻す時はそのまま銃を押し込めば自動的にロックがかかります。これ、非常に便利。
画像


ちょっと暗いですが、先ほど押し込むところはシーソーのようになっており、押し込むと矢印の出っ張りが凹み銃を抜き取れるという仕組みです。ちょうどトリガーガード内前方にこの出っ張りが入り込みます。
画像

画像


で、とりあえずマルイのエアコキを入れてみましたが、ガタ付きますね。それもかなり。
画像


電ブロも然り。
画像
もう面倒なので写真は略しますが、マルイGBB M9、マルシンのモデルガン M9いずれも同様にブカブカ。
ただし、なぜかマルシンのモデルガン M92Fブリガーディアシルバーだけピッタリ。
画像

これ、もしかしてブリガーディアスライド用のホルスター?マルイのタクティカルマスターとか持ってないので何とも言えませんが。
ブリガーディアスライドはロッキングリセスが盛り上がっていますからね。見た感じ、おおかたこの盛り上がりでガタがなくなっているようです。

ちなみに、着脱を繰り返すとロック機構によりフィンガーレスト部分に傷が入ります。メッキモデル、特にマルイのエアコキステンレスのような表面強度が弱いものだとすぐに剥げてくるかも。
画像

とにかく、安いがウリですね。特に若年層だと銃本体より装備の方が高額ってことが少なくないと思いますが、このホルスターならそういうこともなさそうです。ガタ付きこそありますが、使用中銃が抜けることはまずないかと。素材自体も粘りがあり、ポキっと折れることもないと思います。
実銃の世界だとこのボタンを押して外すというのが暴発に繋がる云々とか色々言われているそうですが、トイガンなのでまあその辺は。




記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


続きを見る

トップへ

月別リンク

ほびより!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる