チープなリボルバー

ブログ主は高級なGBBや電動も買いますが、一方でチープなトイガンも大好物だったり。こんなもの買ってみました。青島文化教材社のM29リボルバー。お値段1000円程度、44マグナムとしてはやや小さく、なんかサタデーナイトスペシャルといった感じ。エアガンではなくストライカーで物理的に弾を叩き出すタイプのトイガンです。 やはりというか、目的はこれのためです。これも同様に発泡スチロールをカットして、部屋に飾ってみます。

続きを読む

ダイソーのお洒落な紙箱をガンケース代わりにしてみる

ダイソーにお洒落な紙箱が置いてあったのでトイガンのケース用にと買ってみました。 以前、当ブログでは同じく百均(たぶんダイソー)で買った桐製のディスプレイケースをガンケース代わりにしてみたことがあります。しかし、それでは芸がないので今回は上の写真のものをガンケースにしてみます。(ちなみに、当時のページ)あ、そういえば以前海外メーカーから発売されていたグロック42のパッケージ箱が魔法の本(?)のような箱になっていましたよね。スミマセン。あれを見た時点でもうこのパクリ構想はありました。これ↓を使って。 っと、話を戻して。この紙箱は手提げ紐が付いていて、上からこのように引き出せます。中箱の内寸は実測170mm×140mm。 改めて買ったダイソーの火薬銃。 中に入れるとこんな感じ。箱はかなり小さいので、こういった小型にデフォルメされた又は1/1サイズだとコルト25オートのようなポケットサイズのものでないと厳しいかも。 まあ実はワンサイズ大きな箱も同時に買っていたりしますが。こちらは内寸201mm×168mm。 すでにカットした後の画像ですが(撮り忘れたw)、厚さ30mmの発泡スチロールの板を銃の形+αの大きさに切り抜き。 発泡スチロールカッター等もダイソー。 卓上糸鋸のようにこんな感じに。(ちゃんとニクロム線は垂直出していますよ) 先ほどのカット後の画像は実は作業失敗を見越して練習でカットしたものですが、このままでもいいいけそう。 手持ちの黒い布を被せてこんな感じに。 本当はもう一箇所…

続きを読む

マルイのエアコキに塗装した、だけ!!(笑)

完全分解し、シルバーに塗装しようと考えていたマルイのエアコキM92F…。結局、ブラック塗装の方にしました。例のアンダーマウントを付けた個体と並べてみましたが、同じ艶消しラッカー(Mr.カラースプレー)なので、見た目も一緒。特にどうということはありません。※画像を交換しました

続きを読む

S&Tの電動UMP45とか、買っていた

少し前ですが、S&Tの電動UMPを買っていました。 「そこは男らしくVFCのGBB版だろ!」と言いたいところですが、個人的にGBBの特に長物を撃つのにランニングコスト(特にガス代)が気になるのでこちらを選びました。自己責任となりますが、BB弾も回収して再利用するつもりです。 で、実はまだ肝心のバッテリーを買ってなかったり。ウナギ型バッテリーが合うそうですが、どれを買おうか迷っています。選択肢が増えたのはいいのですが、逆に悩みも増えましたね。 ちなみに、マガジンですが、S&TのものはARES製のとは違いマガジンは弾薬部分も黒一色です。ブログ主は他のブログ主様を参考に金色のテープを貼って弾薬らしく見せていますが、そこにもう一工夫してマガジンの窓の透明な壁(?)をメンディングテープ(ホムセンの文房具売り場に売っています。半透明のテープです)にて再現しています。メンディングテープに関してはあくまでYouTubeの実銃画像を参考にして、での再現です。簡単な外装カスタムですが、意外にディテールアップできますよ。 あ、それと今は釣りにハマっているので少し先の話になるかもしれませんが、この銃もいずれレビューしてみます。その前にバッテリー買わなきゃですが(笑)

続きを読む

何かがおかしい

先日、アルタモントのベレッタ92FS用のパール調グリップを買いました。 ↑ところでこのグリップ、なんかおかしくありませんか? ん?PBのの文字のある方。 はい、マガジンキャッ部分の切り欠きがありませんw 右利きマガジンキャッチ設定にしていると、マガジンキャッチボタンを押してもボタンが沈まず、マガジンも取り外し出来ません。もちろん、店(Amazonだけど)の商品画像ではちゃんと両方とも切り欠きがあります。 いやはや、これはちょっと。速攻で返品です。 まあ、ブログネタになったので(笑)

続きを読む

マルイの懐かしいカタログ

しばらく時間が開きましたが、更新します。先日、こういうものを入手。東京マルイの製品付属の古いカタログ。小冊子形式、表紙含めて全16ページ。ブログ主は子供の頃、このカタログを指をくわえながら眺めていた世代です。 懐かしい。左のおっちゃんとちょっと人相が悪そうな兄ちゃんの2人。おっちゃんが構えているCz75がカッコよすぎて二丁目のエアガンにこれを選んだなあ…。そういえば、ハイグレードのM92Fが載っていませんね。旧モデルの方ならあります。何やらブリガーディアスライドのM92F…。M96 STOCKとのことです。企画落ち?ググってもヒットせず。 次ページ。エアコキ長物シリーズ。個人的にワルサーMPKが未だに欲しかったりw MPLの方なら現在でも(新品で)一部流通しているようです。ハンドガードガード下部にあるポンプアクション用のパーツ(?)が追加されたモデルもあり、時代を感じさせます。そういえばVz61が見当たらない…。当時まだ発売されていなかったのか。 次。10禁シリーズ。先ほどエアコキのワルサーMPKが未だに欲しいと書きましたが、この右ページのデッカイ拡大写真で銃目ぼれ(?)していました。あ、でも10禁ページのはずなのに、何故か商品のラインナップに載っていません。「これはイメージです。10歳以上用としては販売されていません」ということなのか? 次。PSG-1の紹介が丸ごと1ページ。デザートイーグル、パイソン、その他固定スライドガスガンなど。 マルイの花形、電動ガン。当たり前ですが、全て…

続きを読む

白いベレッタ(笑)

スマホで記事編集しようとしたものの、あまりにも使いにくくてやめました。どこにカーソルが飛んでいくのか分からず下手に(スマホ本体の)戻るボタンを押したら保存前の状態に戻されてしまいました。 で、本題。東京マルイのエアコキM92Fをシルバーに塗装してみました。いきなりですが、ホの画像編集ソフトで弄っています(笑) スマホはこういう時は便利なのですが。ちなみに、本(ていうかノート)の上に置いていますが、まだ数日しかたっておらず塗膜が固まってないので固い表面への直置きは避けています。 で、塗装作業の方ですが、まず塗ったのはフレーム、スライド、バレルのみで、トリガーやスライドストップ等の小物は同エアコキ10禁のものを流用。まず、フレームやスライドは2000番ヤスリで表面を荒らし、下塗りとしてキャロムショットのブラックスチール↓ その後フレームにはタミヤのアルミシルバー(TS-17)+セミグロスクリヤー(TS-79)↓を塗っています。 スライドとバレルはマイカシルバー↓ シルバーの上にクリアー系を塗るとどうしてもシルバーの綺麗な金属光沢が失われてしまいますね。ブログ主もフレームにセミグロスクリアー注意して砂吹きしましたが、それでも多少は曇ってしまいました。ただし、スライドやバレルとの質感差を再現するにはむしろこの方が好都合かも。メタリック塗料の上からのクリア塗装は人によって、必要、不必要の意見が分かれるようです。ブログ主は金属光沢を失いたくないという理由で塗っていません。いちおう、セミグロスではなく…

続きを読む

Eagle Force LH9ホルスター買ってみた

Eagle ForceのLH9ホルスターを買ってみました。ビアンキのM12ホルスターのレプリカ品。 中に入っていたチラシ。普通の家庭用プリンタで印刷されたものかと。 ショップの商品説明に実物並みの強度、耐久性とありましたが、見た目、触った感じそう言われても違和感なし。かなり固い素材で、また太い糸で端の部分は念入りに返し縫されています。 金具の部分をこの部分に掛けます。 中に伸縮性のある素材が仕込まれているようで、引っ張るとこのように真っ直ぐ伸びます。 ダミーですが、ちょうど銃を収納した際にバレルのすぐ上の場所にある収納部分に樹脂製のクリーニングロッドが入っています。 このようにフラップ部分を外し、バンザイ(?)させた金具を抜き取り反対側に移すことで左利き用に変更することが出来るのですが、スミマセン。金具が固すぎて外れず、この段階で諦めました。ちなみに、実銃用ではフラップ部分を交換することでサムブレイク化するキットが販売されているようです。 東京マルイのエアコキM92Fを入れてみました。かなりキツイです。ホルスターの中に押し込めば入るのですが、フラップを閉じるのがギリギリ。ショップによると、使っているうちになじんで柔らかくなってくるとのこと。 真横から見るとこんな感じ。フラップの折れ方の角度を見ると、ややサイズオーバーか。 銃口側は縫われて閉じられているので、長い銃は無理っぽい。 Amazonで約1000円で買った激安サムブレイクホルスターと。レプリカ…

続きを読む

自分色に塗ったったw

邪道かもですが、マルイエアコキM92Fステンレスのグリップと、MP製のアンダーマウントをこんな風に塗ってみました。グリップはタミヤのスプレー塗料パールライトブルー(TS-58)↓を使用。アンダーマウントは同スプレーのシルバーリーフ(TS-30)を塗っています。アンダーマウントの方はすでに剥げてきていますね。これ、あえて下塗りとか塗装の密着性は考えていません。「塗膜は剥がれる。何度でも塗り直すさっ!!」と某大佐の如く、剥げたら塗り直すこと前提にしているからです。塗り方自体もテキトー(笑) ちなみに、アンダーマウントの素材ですが、D館でELEMENT製のガバメント用アンダーマウントを加工したと書いていましたが、アレ、作業の途中で一部不要な部分を削ってしまい自己満足度が低下したためジャンクパーツ化しました。具体的には素材を調べるために燃やす!POM樹脂だと青い炎(昼間だと燃えているのか分からないくらい暗い炎)が出るそうですが、ELEMENTのアンダーマウントは赤い炎でPOM樹脂ではないと思われます。今回、同じ素材を使用している(と思われる)MP製のアンダーマウントは、塗装するにあたりいちおう下地を2000番紙やすりとスチールウールで表面を荒らしています。エッジ部分を爪で強く引っかくと剥がれますが、平面部分は大丈夫なようです。 で、ちょっと長々となりましたが、グリップについても少し補足しておきます。同様に2000番紙やすりとスチールウールで荒らすのはアンダーマウントと同じですが、加えてこれ↓を使用してみ…

続きを読む

MP製 M92F用アンダーマウント買ってみた

MP製のM92F用アンダーマウントを買ってみました。以前Element製の同等品を持っていましたがが、今はマーケットに同じ製品は流れてしませんね。こちらはMP製とのことですが、Elementと全く同じようにも見えます。同じOEM品?※画像は再現。一度開封しています。 こういったものも付属していました。レンズクリーナーっぽい柔らかい布。 樹脂製ですが、弾力があり、ポキッと割れることはないと思います。購入当初はバリがひどく、また東京マルイのエアコキM92Fに取り付けるにあたりマウントが下向きに偏向するため、お湯を使い変形させ、さらにバリも除去しています。(バリはまだしっかり取れてないけど) さらに以下の場所にビニールテープを貼って左右へのブレを抑えています。 まだあります。いや、これこそ重要か。このアンダーマウント、エアコキにマルイのエアコキM92Fに取り付けようとすると、アンダーマウントの長さが足りず、フレーム先端部と干渉してしまいます(画像はすでにマウント側を加工したものです。ご了承ください)Element製ではこんなことなかったのですが、コピー品?あるいは金型から取り外し冷却する時に寸法が縮んだとか? 追記レール部分のサイズです。 先ほど紹介したいくつかの工夫を経てマルイの10禁エアコキ ステンレスモデルに取り付け。例のレーザーサイトは追加購入しました。実銃用のアンダーマウントと比較するのも酷ですが、やはりNcSTAR製のものはガッチリ取り付けられていて信頼がおけます。 今回紹…

続きを読む

ステンレスモデルに白グリップ

ステンレスモデルのグリップを白に塗装してみました。単にグリップを塗装しただけで、他は何もいじっていません。塗料が完全に乾燥しておらず、ネジは途中までしか締めていなかったり(笑) 例の黒モデルと並べて撮影。どちらもそれぞれ魅力があります。 マルイ10禁のステンレスモデルはフレームやスライドこそメッキ仕上げですが、スライドストップやトリガーといった小物は灰色に近い形成色そのままです。ところでこれ、塗装しようにもどうやらPOM樹脂のようで、塗料を受け付けてくれないようです。現在、それにある程度対応したという某プライマーを入手、いろいろ実験中です。上手くいけばまた更新してみます。

続きを読む

手持ち式スプレー塗装台作ってみた

大したことではないのですが。エアガンを塗装していて、ふと部屋の片隅にいかにも丈夫そうな箱があったので塗装台にしてみました。 裏面はこうなっています。ガムテープを利き手と逆の手で握り、もう片方の手でスプレーを噴霧。 いや、普通に段ボールを板状に重ねたものでもいいのですが。ただこれ、左手の親指がけっこう汚れるんですよね。相当に広い段ボールならいいのですが。 で、箱にすれば…要は箱の側面が壁になり、手が汚れにくいと。相変わらずいい加減な絵ですが、分かれば幸いです。 長期にわたって実用テストをしたわけではなく、塗るものによっては不都合出てくるかも。 ちょっと話が変わりますが、東京マルイのエアコキM92Fで、もう一丁の18歳以上用モデルの方もサイトを加工&色塗りしました。今回はフロントサイト上面のパーティングラインを処理。先がやや丸い彫刻刀でパーティングラインを除去、2000番ヤスリを必要最低限にかけタミヤの粗目コンパウンドで研磨、半光沢黒のラッカースプレーを爪楊枝に塗布し、その爪楊枝でちょちょいと塗っています。白の塗料も爪楊枝でです。ちなリアサイト後ろのパーティングラインも何とかしたいですが、つや消しにしろ半光沢にしろ、黒で塗ったらその部分で目立つ可能性があるので今は自重。

続きを読む

エアコキって、素晴らしいよね!!

皆さんはそう思いませんかね?私はそう思います。あ、高級なボルトアクションライフルとかではなく、安価なエアコキのハンドガンのことです。 一時期モデルガンをバカスカ発火させていたのですが、その結果、エアコキに戻ってきてしまいました。例のNcSTARマウント×ライト&レーザーサイト付きウェポンライト↓でターゲット↓ に「カシャ…ポン」「カシャ…ポン」と繰り返しているだけで幸せに感じる(笑) 先日買った10禁エアコキと並べてみました。 同じエアコキシリーズなので、こういったツートンにも。 ステンレスモデルもいいですが バレルのみシルバーな黒モデルもいい感じ。(※裏側からガムテ固定&セーフティON) 10歳以上用と18歳以上用(真鍮バレル搭載した)では銃の表面仕上げが異なるそうですが、フレームやスライドは大差ないものの、バレルは明らかに差があります。やはり10歳以上用の方が樹脂らしい光沢があり、安っぽいです。 というわけで、塗装してみることに。分解し、2000番紙やすりで傷をつけ、塗料が食いつきやすいようにしてみました。 どうせならフレームも塗装することに。こちらも同様に2000番紙ヤスリを使用。 Mr.カラースプレー つや消し黒でこんな感じに。スライドはそのまま。実銃のスライドとフレームの質感差を再現。実銃生で見たことないけど。 そういえば、タミヤカラーのシルバーリーフですが、先日のRe:ゼロのフィギュアの余ったランナーに吹いてみたところ、思った以上に金属っぽく驚きました。 で、塗…

続きを読む

中華 ライフル&SMG用レーザー付きライト買ってみた

中華製の、商品名に固有名詞っぽいものがないとあるレーザーサイト付きウェポンライトを買ってみました。 箱にはシールすら何も貼っておらず。 開封。 説明書を外すと綺麗に収まっていました。 内容物はライト&レーザーの本体、六角レンチ2本、CR2バッテリー、レーザー用リモートスイッチ。 外観。 レールに近い方がレーザー、下にぶら下がってるのがライト。ライトの方にレーザー注意のシールが貼っていてパッと見紛らわしいです。それぞれ独立してゴム製の機械式スイッチがありますが、けっこう固いです。力加減で間欠点灯も可能。意外にもこれ、ライフルやSMG等の上面レールに取り付けることを前提に設計されているようで、ハンドガン等のアンダーレールに取り付けるとプリントやシールの表示が上下逆になってしまいます。なお、レーザーサイトは20mmレール中心よりやや左にオフセットされいて、距離によって左右の着弾位置も若干変わってきます。 バッテリーはこのスペース。CR2を1個、前方から入れます。付属の電池は透明な保護フィルムで覆われているため、気が付かずにそのまま本体に入れるとなぜか点灯しないといったことになるので注意。 先日の東京マルイ エアコキM92F&NcSTARアンダーマウント付きに取り付け。 ライト&レーザー照射。カメラの関係でライトがショぼく見えますが、まあCR123A2個使うようなレプリカライトほどは明るくないです。お座敷でターゲットを照らす用途なら問題ないでしょう。 リモートスイッチを取り付け…

続きを読む

NcSTAR ベレッタ92用アンダーマウント買ってみた

更新頻度こそ落ちましたが、GUN活を続けます。 NcSTARのベレッタ92用アンダーマウント買ってみました。 アルミ製で頑丈なつくり。実銃用で、削りだしではなく鋳造のようで多少粗さもありますが、品質は良好。完全な黒ではなく、ややグレーがかっています。 トイガン用で似たようなものにElementのアンダーマウントがありまが、こちらは樹脂製で安い分実用には色々工夫が必要です。 ライラクスもM92F用のアンダーマウントベースを発売していますね。ただ、こちらは左右一体型でテイクダウンレバーの回転軸に専用ネジを締め込むという構造上、トイガンによって取り付け可否が激しそうです。(元々はマルイのGBB M92F(旧型)に合わせて作られています)(※画像はいずれも過去のもの) で、話を戻してNcSTARのマウントベース。 固定はトリガーガード部分を別のパーツで左右から挟み込むことで行います。 しかしここは実銃用、上手く考えられています。よく見ると、マウントの一部が斜面状態に。(透過赤色で示しています) トリガーガードに取り付けようとしている状態ですが、この斜面のおかげでネジを締め込んだ際、トリガーガードが前後から挟まれる恰好となり、(左右含め)ガタツキが一切消えます(それに応じて、ネジ穴も前後に長くなっていますね)。ちなみに上下二か所で固定するネジは、力の不均衡を防ぐためか、互い違いの向きになっています。 で、上の画像からそうなのですが、マルイのエアコキM92Fに取り付け。ガタツキ、…

続きを読む

リーズナブルなスコープ買ってみた

クラウンモデルのU10シニア用にスコープを買いました。銃が安いのでスコープも安物…というか、スコープ自体こだわりがないのでAmazonで適当にエントリークラスのものを。¥2699。 この価格で防水・防振・防露。 バトラーキャップ、マウントリングも付属。六角レンチまで。すごいコスパ。 銃に取り付け。分かってはいましたが、スコープの位置が高いです。マウントリングはもっと低いものに換装した方がいいかも。ちなみに、マウントリングのマウントベースへの固定ネジの頭が射手から見て左(排莢と反対)方向になっていると、ケースレス発射時に使用する割り箸マガジンがネジの頭と干渉して上手く取り付けできません。ケースレスで撃つ/撃つことがある場合はマウントリングのネジの頭は排薬莢と同じ方向にしておく方がいいでしょう。 追記レティクルです。カメラで撮るのが難しい…。 ちなみに、今までこれを使っていました。SEE ALLのちょっと特殊なサイト。レンズ付き集光アイアンサイトと呼ぶべきか。実際に使いこなすには慣れが必要です。

続きを読む

ノーブランド AK用スリングベルト買ってみた

これをいちいち記事にするくらいネタがない…わけではありません(笑) ノーブランド品のAK用スリングベルト買ってみました。 AK用とのことですが、見た目普通に汎用に使えそうです。 U10シニアに取り付け。ベルトの合皮(?)部分の幅は(前後とも)20mm、ベルト自体の幅は30mm。U10シニアのスリングスイベルは30mmでジャストフィットのようですが、まあいいやwていうかこれ、前方のスリングベルトの穴のサイズを考えると、AKに対応していないような…。 地味ではありますが、このシンプルなボルトアクションライフルというものも悪くありません。 話が変わりますが、最近こういった漫画にハマっています。山を駆ける男たちの活躍がカッケェっすw

続きを読む

WE Beretta Px4サブコンパクト 外観レビュー

※画像はイメージ。ホルスター、ビクトリノクスは別売 WEのGBB Px4サブコンパクトを外観のみですがレビューします。購入したのはリアル刻印が入ったもので、国内在庫にはオリジナルの無刻印のものも流通しているのでご留意ください。 パッケージ。製品名は門牛犬…ブルドッグ?箱自体にはPx4もベレッタも書いていません。 開封。 説明書、弾速証明書等。 第一印象は小さいくせに重い。塊という言葉が似合いそうな印象です。メタルスライドも相まって、玩具っぽさというものを感じさせません。セーフティ等のコントロール系はベレッタM92Fと同じで、セーフティONでハンマーもデコッキングされます。 サイトは緑色の塗料っぽいものが埋め込まれていますが、若干溢れてはみ出しています。リアサイトは接着剤固定?これもまたはみ出しています。 アンダーレール部。レールは前後幅が狭い上に切り欠きが前方に寄り過ぎているため、取り付けるウェポンライトをかなり選びそうです。ベレッタ社の公式サイトではINSIGHT X2というウェポンライトが装着されているようですが。 リアル刻印とはいえそれはスライドのみで、グリップ部のWEのロゴはそのままです。 マズルはWEらしくネジ切り仕様。別売のアタッチメントを介してでサイレンサー等を装着できそうです。インナーバレルは色からして真鍮。 マガジンは亜鉛合金製でリップは樹脂製。GBBとしてはごく一般的なものですが、前方のスリットからはBB弾は入らず。 サブコンパクトサイ…

続きを読む

以前購入したVFC GBB MP5SD3(旧型)、実は弾が真っ直ぐ飛ばないのでCRUSADERのスチールアウターバ…

長いタイトル名ですねぇ。何年か前に買ったVFC GBB MP5SD3ですが、実は大きな問題が。サイトを調整してもその範囲を超え着弾が左にズレてしまいます。光学機器を乗せることで気にしないことにしていましたが、やはりアイアンサイトで狙いたい時もあり、こうなるとどうしても気になるということで修理・調整を試みることにしました。 あらかじめ言っておくと、結果は失敗。リスクを冒せばまだ可能性はありますが、高価な銃だけに無理はしないことに。 せっかくなので、バレルの取り外し方及びレシーバーの分解方法を書いてみます。いや、書いているうちに長くなり、もはやこっちの方がメインの話にwなお、分解に際してストックがオリジナルのスライドタイプのものではなく固定タイプのものとなっており、またタイトルに書いているCRUSADER製のスチールバレルと換装した後の写真となりますが、ご了承ください。加えて、こちらはあくまでも旧型モデルの方です。新型モデルの方とは構造や分解方法に違いがあるかもしれませんが、ご了承ください。(分解の際、参考程度になれば幸いです) マガジンを外し、スリングベルトを外します。スリングベルトは前方のフック側だけ外せばOK。機関部にオイルを噴射するような場合は光学機器も外しておいた方がいいでしょう。ボルトは必ず前進位置(つまりコッキングレバーを後方で引っ掛けていない状態)にしておいて下さい。 ストック側のピンを抜きます。個体によってはかなり固いかも。後ろから叩き出す場合はポンチではなく割り箸等、銃が傷…

続きを読む

中華Black Cat Airsoft製 Beretta M92A1(?)ミニチュア模型銃買ってみていた

どうも。「こうする!」と宣言すると、そうならない仮面ぎでございます。支離滅裂のまま、以前別館でちょこっと紹介していた中華製のミニチュア玩具銃を詳細にレビューしてみたいと思います(笑) 購入はAmazonのマーケットプレイス。中国からの厚手のプチプチ付き封筒の中に樹脂製ケースに収められた状態で届きました。シルバーのモデルを買っていますが、上に貼られたシールを見るとブラックモデルも存在するのかもしれませんね。 ケース外周の計4か所のロックを外すとケースが開きます。銃本体以外に、カートリッジ6発とリコイルスプリング、エキストラクター、グリップネジ、そしてどこに使われているのか分からない細かなスプリング&ネジ等が付属。カートリッジは別として、これらはパーツは紛失の際のスペアかと思います。 あまりこの言葉使いたくありませんが、フルメタルです。サイズの割にずっしり来ます。もちろん、フルメタルの拳銃を模したものは玩具であれライターであれ法律で規制の対象となりますが、こちらはあくまでもミニチュア、大きさ的に誰がどう見ても本物には見えないということで所持、紹介しています。(極端に大きなもの、小さなものは模造拳銃には該当しない) 個人の嗜好を挟みますが、非常に美しいです。色はシルバーですが、マルイのGBB M92Fクロームステンレスのような派手な反射はなく、落ち着いた比較的マットな質感となっています。トリガーやデコッキングレバー、エキストラクター、テイクダウンレバー、リアサイト、トリガーバー等の小物はブラック…

続きを読む

VFC純正 GBB MP5用固定ストック買ってみた

以前Amazonで見かけてその後しばらく品切れしていたのですが、SDのV2版が発売されたからか、また入荷していました。で、欲しくなったころにまた品切れになっていても嫌なので今のうちにポチッと。シンプルなパッケージで、内容物は厚手のビニールに包まれたこれら3点のパーツのみ。説明書等一切なし。取り付け方ですが、ネットでも情報が少なく…。 WE製ですが、この動画が参考になりました。実銃の内部パーツを再現しているなら、VFC製でも同様かと。 つまり、こういう組み立て方になると。10発ほど撃ってみましたが作動に問題なし。なにより、これらパーツを反対にすると上手くハマらなかったり、またリコイルスプリングのレートが変に強くなったりします。 ストックですが、実銃同様、こういうことも出来ます。 うむ。悪くないですなw

続きを読む

PINTY チューブ型ドットサイト買ってみた

Pintyというブランド名のドットサイトを買ってみました。二千円ちょっとですが、筐体はもちろん金属で口径も大きく、実用上特に不安はありません。定規で実測してみたところ、筐体チューブ径39mm、最も狭いレンズ径もしかしたらレンズが入っていない?一番狭い部分で約24mmとなりました。(接眼レンズ手前部分が最も口径が小さいのですが、その部分を定規をあて視差が生じないよう出来るだけ正確に測りました。) 対物側のレンズが赤ではなくシルバー。追記:口径は28mm程度。 ウィンデージ側の調整ダイヤル。エレベーションも含め、ゴムのリングで防水処理されています。いちおうスペックでは耐衝撃、防水とのこと。なお、購入時点でゴムのリングはグリスなどの油気ゼロ。ワセリン、シリコングリス等を微量塗布しておいた方がいいかと。ダイヤルはクリック感があり、当たり前かもしれませんが回すとちゃんと狙点も移動していきます。 ドットは赤と緑の2色。ダイヤルを回してそれぞれ1から5段階。最初の一段階目でも結構光ります。 電池はCR2032が一個(付属)。ここもゴムのリングが入っています。 レールへの取り付け部分ですが、マウントレールの窪みに片方のネジ軸だけ入るようになっています。ツメの位置の前後調整はできませんが、これなら大抵のレールに取り付けできるはずです。 バトラーキャップが案外アッサリ外れてしまいます。指でポンと開けると場合によってはキャップの根本ごと脱落するかも。 説明書。日本語表記あり。 覗くとこんな感じ…と言いた…

続きを読む

ハリケーンE MP5/G3用マウントベース買ってみた

ハリケーンEという海外のエアソフトメーカー?検索しても公式サイトが出てこないのですが、そのMP5/G3用マウントベースを買ってみました。 外観。アルミ製で軽量。削り出しではないかな?一部エッジが甘いです。 こんなふうに片方が開きます。 この記事を作成するために一度銃から取り外したのですが、また取り外すのは面倒なのでこの画像でいきます(笑)動く方のツメは横にスライドすると簡単に外れます。写真には写っていませんが、別途ネジがあり、マウントベースを左右から挟み込むようにして銃に固定します。 裏面にはイモネジが二本あり、取り付けた際上下にガタあるいは隙間が出た場合上このネジを締め込みます。もっとも、そうするとレシーバーに傷付くでしょうが。 ちなみに、レール上の穴二ヵ所はイモネジを締めるためのものです。 VFC GBB MP5SD3(Gen2でない方)に取り付け。若干キツイですが、イモネジの補助なしで完全にガタなく取り付け出来ました。 レール下の空洞からアイアンサイトが使えます。射手から見て固定ネジが左に来ている場合、レールはやや右にオフセットして取り付けられますが、レール自体は傾いてはいないようです。 ついにカッタウェイまで手書きになってしまったという…いや、何でもありません(笑)。断面にするとこんな感じです。ネジ類は赤色、緑は六角レンチです。(暗い)黄色で示した部分ですが、VFCのGBB MP5の場合、この長さがもう少し長いとポン付け出来ません。ブログ主の個体では辛うじていけましたが、銃…

続きを読む

Xデーは7月2日 (え?w

延期されていたウェブリブログの大規模メンテナンス日ですが、7月2日に決まったとのこと。 ■ウェブリブログ メンテナンス  (サービス停止期間)  開始日時 2019年7月2日(火) 01:00  終了日時 2019年7月2日(火) 15:00(予定) いや、別にXデーとか、そんな大げさというか悪い意味で重大なものでもないのですがね。 気持ち玉廃止は少々辛いですが、容量アップとか、その他サービスが充実するはもちろん喜ばしいことで。 当ブログも比重としては別館に移動するものの、今後も更新を続けていきます。 あと、自分的には重大発表? 自称変態、やめまああああああああああああああす!!!!!!! ウケ狙いで色々試してみたのですが、下手な絵もそうですが評判が芳しくないようで。今後は実際はどうであれ紳士の装いでいこうかと(笑) …で、これだけじゃあ寂しいのでGunネタでも。 例えば オプティクスベレッタSightmark RIS渦のための1911 Gフィールドマイクロレッドドットスコープピストルリフレックスサイトマウントアダプタープレート:B1Seed Generic Amazonアソシエイト ベレッタのリアサイトにオプティカルサイトを乗っけるマウント。3Dプリンタ製と思われる同等の製品も販売されていますね。こちらは金属製?詳細は分かりません。取り付ける銃のAFPBが干渉しないよう、底面は凹んでいるかな?GunPro何月…

続きを読む

Docterドットの修理と例のマウントネジ追加

CR2032の側面に接する端子がポロッと。半田で再接着。 マウントも強度不足と判断、ネジ固定箇所増やしました。端っこのネジはビニテで目立たないように(笑) (一つネジ穴掘りすぎました。まあそれ以外も結構イビツだったりしますが。) サイティング風景。 ふむ、悪くない。 なお、マウント裏も再度調整加工。電車のレールのようになった突起部分を完全除去、キッチリ水平が出るようにしました。

続きを読む

東京マルイ エアコキM92FにマイクロドットサイトをSightMount風に乗っけてみた

おっと、別館で一度やっていることですね。 ただし、今回はもうちょっと本格的に。 ところで、例のダブルイーグルのG36Cですが、手放すというか、売却は止めました。樹脂製のサイドレールやその他いくつか取っておきたいパーツがあるので。まあリサイクルショップに持っていったところで1000円も査定付かないでしょうし。 で、今回そのサイドレールを使ってタイトルの通りのことをやってみました。 こちらの動画↓ を見ていて、なるほどなと。こういう方法もあるのかと。 先に姉貴に翻訳させればよかったのですが、製品の特徴も知らずに衝動をこらえきれず作ってしまいました。 まずはG36Cのサイドマウントを加工していきます。 裏面。樹脂製。平ヤスリでゴリゴリ。 エアガン側もスライド上面を彫刻刀で平らにしていきます。勘と目分量のみですが、いい感じに水平&平らになりました。ちなみに、ステンレスモデルの樹脂素材は黒モデルと違って成型色が灰色のようですね。 M2.6のネジで固定。 スライド内部に固定したナットが飛び出るため、シリンダーはこのように一部カットしています。強度が若干落ちそうですが、実用上はそこまで影響ないとみなしているものの、果たして…? で、こんな感じに。 どうでしょう。個人的にはなかなかに気に入りました。安価なエアコキなので、多少実物マウントと形状が異なっても脳内補正ということで納得出来てしまいます…

続きを読む

S&T電動HK416まだ途中だけど

このブログ、検索エンジン経由で来られる方が多いようですが、リピーター読者の人ってどれくらいいるのか?以前は愛を込めてエアガンレビューやっていましたが、最近は他のサイトやブログの方の方が情報が詳しく分かりやすいので逆に自分がそれを見て満足してしまっています。(笑) で、S&Tの電動HK416ですが、届いたパーツを順次くっつけています。 マグプルタイプのストックとフォアグリップ、パチホロ、レールカバー、AN/PEQ-16バッテリーケース、そしてフロントサイト。この電動ガン、元々はエマージェンシータイプの折りたたみのフロントサイトが取り付けられていました。(前回の記事写真参照) ところで、パチホロをco-witnessでゼロインしてみたところ、上下に関してどうやら調整範囲を越えている模様。アイアンサイトが合っているとすると、どうしてもBB弾が下に着弾してしまいます。まあパチホロだし、レールの下に厚紙でも挟むか。いや、ちょっと待て。 実銃詳しくありませんが、高さが全然違います。オリジナルのエマージェンシーサイトならゼロインいけます。 うーん、どういうことだろ? さて、あとはサイレンサーとスリングですかね。ブースターも欲しいのですが今のところは。 え?勘のいい人なら分かるかも。何を目指してカスタムしているか。ヒントは$風呂。あんまりハマれないのですが、自称オタクなら何か一つ流行りのコンテンツに身を入れておけということで起動はしています。全然進んでいませんが。(笑)

続きを読む

S&T 電動HK416…

ダブルイーグルのG36Cと並べて撮影。 ACOG外すの面倒だとか言っていましたが、やっぱり外しました。 ブログ主はお座敷どころかあまり撃つこともしないのですが、まあこれは壁に掛ける展示用ですかね。見た目質感は悪くありません。ホロサイトなど、いろいろ付けていってみようかと思います。 G36は売却予定。あまり部屋に長物増やせないので。

続きを読む

VFC GBB MP5 HOPチャンバー交換

結局、こうやって更新をサボってしまうんですね。わかります(笑) VFCのGBB MP5 SD3が以前から時々弾ポロするようになってしまいました。HOP最大にしても症状改善せず、ていうか、チャンバー覗いたらHOPパッキン全く出っ張ってないし。分解するとHOPをかけるアーム状の細い亜鉛合金パーツが折れていました。 で、ネットでポチっと。 上が折れたアーム上のパーツ。下は交換品。仕上げが違います。 ゴム製パッキンも違います。右が新パッキン。 ここでカッコ悪い話ですが、この新パッキン、なぜかバレルに上手く組み込めず。パッキンの一部がどうしても浮いてしまいます。チャンバー丸ごと交換するか否か迷っていたのですが、というわけでアームのみの交換で。 いちおうこれで修理完了、箱に仕舞います。 ………何故なら、こういうものを買ってしまったから(笑) (※言うまでもなくACOGは別売でっせ。外して購入時状態に戻すのが面倒なので)

続きを読む

Umarex エアコキP30をレビュー

久しぶりにエアガンのレビューです。 UmarexのエアコキP30。 予め製品の特徴を列挙すると、エアコキ、ハーフメタル、正式ライセンスによるリアル刻印、スライドストップライブ可動、リアルサイズマガジン、バックストラップ着脱可能、等。 それではいきます。 パッケージはこんな感じ。よく見ると女性警察官(?)の後ろ姿が写っています。 弾速証明の値はアテになるのでしょうか? 開封。銃本体以外に、取説、保護キャップ、BB弾少々付属。 取説。 外観。ハーフメタルでエアコキの割に質感良好。樹脂のフレーム部分が軽く、握ると重心が上の方に来ているのを感じます。スライドは鋳造のようでエッジが甘め。亜鉛にしては重量が軽いような…。アルミ製? フロントサイト、リアサイトは共に一体。ホワイトドットを入れるのに穴あけ加工するとなると、相手が金属なので少々大変かも。 ハンマーはメタルですが非可動。実銃でいうデコッキングレバーも同様。 射手から見て向かって右側のスライドストップには小さなツマミが。実はこれ、セーフティーです。90度(実際はもう少し回りますが)回してオンオフ切り替え、写真の横に寝た状態ではオンになっています。時計回りに90度で解除、コッキング状態に関係なく回せます。クリック感があり、射撃中ズレることはないかと。なお、スライドストップ自体はフレームと一体のモールド。 冒頭の画像の使い…

続きを読む