盛大に嘘をついてみた!?

どうも。アルバイトで本当にステラを組み立てている仮面ギィィでございます。 (実はあの話、エイプリルフールのネタではなく、マジだったりw) まあ今回はどうでもいい話です。 前に言っていた新たに購入したタナカのモデルガンUSP EVO HP これ、買ったのはだいぶ前の話だったんです。チマチマ原因調べる前にすでに買っておりました。 つまり、前者の話が嘘だったりw (買ったのは事実ですがね) いや、それだけ。 ところで、アルバイトの話ですが、いくら最高級リールといえど、組み立てているのは失礼ながらその辺のオバちゃんなんですねぇ。ただし、皆さん長年働いているベテラン揃い、また一人が同じ短い工程をひたすら繰り返しているようです。(“異動”もないようです) 短期のアルバイトで数週間後には辞める予定なのですが、次はトイガン工場に潜入してみたい…あ、大阪在住だとこれは無理か。 そういえば、以前婆ちゃんたちがエアガン持って射撃練習している画像がシュールだと話題になったことがありましたが、トイガン工場でも似たような光景が広がっているのかw ところで、リールには事業者向けの門外不出の… 申し訳ありません。さすがに書きすぎたと判断したため、勝手ながら以下の文章は削除、また記事も一部訂正させていただきました。お詫びいたします。  

続きを読む

タナカ モデルガンUSP EVO HP買ってしまった…

ディスコネクターの作動不良が直らないタナカUSP EVO 非HPでしたが、 男ならチマチマ原因調べるより新たに買っちまええぇ!!! というわけで、 結局、こうなるんですねw 非HPのものと比べると、スライドの刻印のクオリティが向上してますね。非HPはまるで針で掘り起こしたかのような、深さにもムラがあったりしたのですが、こちらはスタンプで押し込んだような、一定の綺麗な凹みになっています。 内部機構もリコイルスプリング等が変更されています。 さて話が変わりますが、ようやく暖かくなり釣りに行きたい気分になってきました。 釣り道具も新調してやろうと調べてみると、シマノがスピニングリールのステラの新モデル(18モデル)を発売したとのこと。 う~ん、シマノのスピニングを買うならストラディックと決めていたのですが…。 あ、かなり前ですが、釣具店でカタログをもらってきた時からずっと気になっています。 amazonでざっと見た感じ、だいたい ストラディック15 2500番…17000円 ステラ18 2500番…67000円 ちょっと高すギィィィ さすがに資金が足りませんね。 というわけで、 明日からこのステラ18を組み立てるアルバイトに行ってきますっ!!

続きを読む

シマノ スコーピオンXT1500をレビュー

  いまさら感がしますが、シマノのスコーピオンXT1500をレビューします。 (「せっかく所有しているなら全部ブログの記事にしてしまえ。」というのが、当方のポリシーです) ≪スペック≫ パワーアルミニウムボディ ブランキングスプール SVS ボールベアリング6(SA-RB×5、A-RB×1)、ローラーベアリング1 ギヤ比/6.3:1 自重/210g 最大ドラグ力/4.5kg 海水使用可能 ボディはアルミ製で、スプールの上端がボディの上面スレスレに近づいているなど、とにかくロープロファイル性を意識した設計となっているようです。ボールベアリングは錆びに強いSA-RB(一部A-RB)、スーパーストッパーⅡ、ブランキングスプールなど、普通に使う分にはまず不足を感じないスペックでしょう。 スプールは幅が広く、またボディもレベルワインドとスプールの間が大きく露出するような形状になっています。心もち、バックラッシュした場合も比較的簡単にラインの絡みを直せそうな気がします。 SVS搭載ということで、サイドプレートは側面のツマミを廻すだけで簡単に外れます。いわゆる、フリップオープンというやつですね。 具体的には、サイドプレートを固定するネジのツマミを起こし、反時計回りに1/8回すだけでOKです。あとはバネの力で自動的にサイドプレートが開きます。 サイドプレートはボディ側から軸でぶら下がっているため脱落することはありません。ただし、ス…

続きを読む

ダイワ クロノス150Lをレビュー

  今回はダイワ(現グローブライド)製のベイトキャスティングリール、クロノス150Lを紹介します。 このリール、すでに生産終了品なのですが、まだ中古個体が出回っているのか、“クロノス”で検索してこちら記事に来られる方が多いようなので、少し詳しく紹介したいと思います。 ≪スペック≫ スーパーメタルフレーム スピードシャフト マグフォース 5ボールベアリング/1ローラーベアリング ギヤ比/6.3:1 自重/225g 最大ドラグ力/3kg メインフレームはメタル製で、スーパーストッパー、ボールベアリング5個、スピードシャフト搭載など、実売価格8000円強(当時の)とは思えないほどのハイスペックです。ただし、唯一残念なのが、このモデル淡水専用なんですよ。(海水で使うと一部パーツが錆びるそうです) 前方のパネル部分(ロッドを握った際ちょうど親指が乗っかる部分)は樹脂製で、持ち上げるとパカッと写真のように開きます。元に戻す際はそのまま押し込めば樹脂の弾力でパチン!と戻ります。 サイドプレートにはマグフォース調整ダイヤルが付いてますね。OFF~10の0.5ピッチ刻みで計20段階に調整出来ます。ダイヤルの中心にあるのはサイドプレートを固定するネジで、コインなどで廻せます。(しっかり締めなくてもサイドプレートが脱落することはありません) レベルワインドはこんな感じ。メッキパーツが高級感を漂わせてますね。 ただし、ハンドルのアー…

続きを読む

12カルカッタ 101 LEFT レビュー その2

  レビューその1からの続きです。 リールシートは別パーツで、リベットで固定されてます。 分解するにはレビューその1で言ってたサイドプレートを固定するツマミを緩め、例のマイナスドライバー2本を外します。 ネジにはネジロック剤が使われています。初回分解時はネジが固いことがありますので、マイナスドライバーを滑らせてボディに傷付けないよう注意。 ハンドル側の内部メカはこんな感じ。 フレーム内部も丁寧に切削されてます。 スプールとSVS メカニカルブレーキノブを外すとボールベアリングが現れます。スプールを3個のベアリングで支持しているようですね。 取扱説明書と分解図に加え、メンテナンスオイル、SVS交換ブロック大小各6個ずつ、保管時などにリールを入れておく袋(?)が付属してます。 スコーピオンXT1500のスプールと比べてみました。12カルカッタ(100番台)の方がやや口径が小さく、幅も狭いです。あと、ボビンの根元にベアリングも付いてませんね。(※そのままだと転がってしまうのでマイナスドライバー置いて撮影しています) ちなみに、スコーピオンXT1500では可能な限りロープロファイル性を重視していたようですね。それこそリールシートの部分を削っているくらいです。 一方の12カルカッタの方はまだまだ低く設計できるようですが…どうなんでしょう。 ≪実釣で使ってみた感想≫ 当方素人である上に比…

続きを読む

12カルカッタ 101 LEFT レビュー その1

  ネットで見回ってみたところ、画像つきで詳しくレビューしているサイトが見当たらないということで、素人の視点ながらもレビューしてみることにしました。 やはりカルカッタと言えばやはりそのデザインですね。丸と直線で構成された無機質の中にもどこか洒落た雰囲気というか、機能美のようなものを感じさせてくれます。 左右非対型となったことにより、メーカーの謳い文句通り確かに握り心地は良好です。また、X-SHIP搭載ということで回転は非常にスムース、ハンドルを回した時の音も「サー」と気持ちいいです。(安物のベイトリールにあるコリコリ感など皆無ですよw) ハンドルノブはベアリングこそ入っていませんが、これまた握り心地良好。写真では分かりにくいですが、上下で溝がクロスするような形状になっていて、親指と人差し指が自然と溝に嵌ります。(手を中途半端に握った状態で親指を人差し指の上に乗せるとクロスしますよね。そこにハンドルがぴったりとフィットする感じです。) 右ハンドル用と左ハンドル用でそれぞれ別のパーツとなっています。 俗にいうXドラグというヤツですね。ドラグノブがハンドルの外側に付きました。 ハンドルがよりボディに近づくことでリトリーブ時のブレが軽減されるらしいですが、当方は素人のためか、大してその恩恵を感じることは出来ません。(言われてみれば何となくブレないかな?レベル) ドラグノブは非常に小さく、またプラ製。余談かもしれませんが、ロッドを握った手でハンドルが回せなくな…

続きを読む

100均ルアーを使ってみた

  大変遅れて申し訳ありません。以前、ダイソーで購入したルアーをブログ内で紹介しましたが、本日、実際に使ってみました。 とりあえず、釣り場に着いてまずは真ん中の奴をセット。キャストして引っ張ってみると…真っ直ぐ泳ぎませんでしたまあ、1000円以上の高価なルアーでもたまにありますが、やはり100均クオリティなのでしょうか、(自分から見てかなり)左の方に突っ走ってしまいます。ペンチでアイを右に寄せたところ直りましたが、それでもどことなく不安定な軌跡です。 で、そのままキャスティングを繰り返していたわけですが… 割れてしまいました ええ、実は勢い余って橋桁にぶつけてしまったんです。 ウィードも引っかかってないのになんでこんなに軽いんだろうと思って巻いて来たらこの有様…しかもよく見ると、リップまで割れてる これはかなり脆い樹脂が使用されているのかもしれませんね。ああ、短い命だった… さて、気を取り直して次は左の小型のシャッドをチョイス。どんな泳ぎになるのかなと……… ゲェェェエ、泳がない!本当に泳がない! ブルブルすらしないんです。引っ張ってきてもスーっと真っ直ぐこっちに向かってくるだけ。速く引っ張るとクルクルとロールします。 こりゃだめだ。トウィッチすれば微妙にそれ的に動きますが、たぶん、釣果は期待できない。 やむなく、最後のクランクベイトをセットし釣り再開。また割ってしまわないよう…

続きを読む

100均で購入したルアー

  記事にするのを忘れていました。実は先日(日付変わっちゃいましたが)ダイソーにてバス用のルアーを購入しました。 さすがに100円だとマトモに泳いでくれない可能性もあるので、あまり大量買いせず、とりあえず数個買って試用してみます。う~ん。見た目は普通のプラグですし、特に品質が悪いといった感じもなさそうですが… シャッドの方にシーバス用としか表記されていないのは何故なんでしょうね。トウィッチかけたら一気に姿勢が崩れてロールするとか…まさかね まあ、100円ですから遠慮なく色々な場所に放り込んでみますw  

続きを読む

手持ちの釣り道具をちょっとだけ紹介

  ブログに初めて釣り関連の記事を書いたということで、この際、私が所持している釣り具も紹介することにしました。 特に面白い記事でもないかもしれませんが、まったりと読んで下さい。 ロッド・リール ブラムス Fine Motion FC602M(ベイト用)及びFS602ML(スピニング用) 入門者向けの2ピースロッド。重量があるせいか、感度が若干悪いです。そろそろ上位クラスのロッドを購入しようかと考えてからすでに3年が経過… シマノ カルカッタ2012 101XT 発売して間もない頃に購入しました。デザイン面では旧モデルの方が好みですが、とにかくこのリール、丸型でありながら非常に握りやすいです。ただし、スプールを取りだすのにマイナスドライバーが必要なのが玉に瑕。 シマノ スコーピオンXT1500(シマノ) 右手でロッドを操るのがどうにも下手なので、手返しを重視しない釣りではこちらを使っています。カルカッタよりも若干飛距離が出ます(※出ると思います)。 ダイワ クロノス150L(ダイワ) 5ボール+1ローラーベアリング、しかもスピードシャフト搭載と、10000円以下という価格の割に回転性能抜群です。マグブレーキなのでピッチングは今一つですが、フレームは金属製で加工精度も高く、そんな価格で大丈夫かとツッコミたくなってきます。 ダイワ Cy.2500 某ショップでセール対象品だったので購入(1000円ほど値引きさ6000円くらいだったかな?)…

続きを読む

たまには釣りに行くのもいいよね

  午後になってからいつもより涼しいことに気が付き、久しぶりに釣りに行ってきました。 気温は(車載の外気温度計で)32度。これなら大丈夫だろうと高を括って臨んだものの…めっちゃ暑かったです 普段、エアコンの効いた部屋orバイト先の5度の冷蔵庫で作業をしていることで暑さへの耐性が低下していたのか、夕方であったにも関わらずバテました… いちおう、手の平サイズながら3匹ほど釣れましたw いずれもT.Dミノー(サスペンド)でヒット。 一口サイズなので、子バスがたくさん釣れます。(大きな魚を釣ったことがないんです) そういえば、こんなものを買ってみましたよ~ 携帯用蚊取り線香(?) レビューしても仕方ないかもしれませんが、何とな~く蚊が寄ってこない気はしました。

続きを読む