ネタがない

どうも。エアコキUSPの先端にタクティカルライトを装着してそのまま懐中電灯として使用している変人に降格したかめんぎぃぃぃです。 中華のSureFire X300のレプリカなのですが、CR123A×2本でやたら明るいです。しかも、万一空き巣と遭遇しても応戦できる…。こりゃ自宅警備員必携の一丁ですなw で、本題。 天気に関係なく(ただし雷を除く)楽しめるShade弄りを久しぶりに。前に作って放置していたM92Fのモデルガン。 とりあえず、ロッキングブロックがマルシンのモデルガン準拠だったので、実銃のそれの写真を参考に修正…というか、ほぼ作り直し。(あくまでも個人的にですが)マルシンのMGはロッキングブロックに限っては再現性がイマイチですね。 あと、フレームも修正。フィーディングランプのところに不自然な段差があったので修正。加えて、トリガーの付け根付近で微妙に出っ張っていたのでこれも修正。あ、トリガーバーが通る切り込み部分を修正したら、その部分、またしてもおかしくなっていますね。レンダリング上げるの面倒なので省略していますが、この後実銃の写真を参考に修正しています。 あと、これもレンダリング上げるのが面倒なので(←いい加減にしろ!)省略しますが、ファイアリングピンも実銃の写真を参考に作り込んでみました。マルシンのMGだと実際にそのファイアリングピンを抜き出すのは不可能ですからね。どうなっているのか分からず、AFPBの形状に合わせて適当に切り欠きを付けた円柱状にしていま…

続きを読む

どすこいっ!!

  うぉりゃ!! 諸事情で詳しくは書けないのですが、現行製品よりややバージョンは落とすものの、Shadeの製品版をタダで入手しましたw(※ライセンス違反とかじゃありませんよ これで、期限1ヵ月とか、レンダリングの最大解像度640×480とか、レンダリング画像に表示されるShadeのロゴマークとか、色々な制約から解放されます。 バージョンが14→12と落ちたのに加え、グレードもミドルクラスであるStandardからエントリークラスであるBasicに落ちたため、メニューをドロップダウンした際の項目数が減ってしまっているものの、とりあえず体験版で作ったM92ブリガーディアのデータも無事に読み込めました。 ちなみに、このソフトのパッケージ、表紙部分が3Dで見えるようになっています。名称は知りませんが、表面が洗濯板のようにギザギザになっているアレです。  

続きを読む

マルシン モデルガンM92ブリガーディア ブラック完成っ(※大嘘)

というわけで、電ブロの方を撮影。 どういうワケやねん← ちなみに、後ろに写っているのは、マルシンのモデルガンではなく、東京マルイのエアコキXM1777E2です。スコープはマイクロエースのプラモデル。 あ、それと、shadeでモデリング中のM92ブリガーディアですが、いちおう内部パーツ含め、アニメーションさせられる段階までは完成したのですが、やはり実銃の動きを出そうとすると、色々疑問が生じてきまして。 ・ショートリコイルが始まるのは弾が飛び出してから? or 弾が銃身内で加速し始めてから? ・ファイアリングピンで叩いたセンターのリム部分(?)はどうなるの?薬きょうと一緒に飛んでいく? ・ファイアリングピンブロックって、モデルガンを見る限り二箇所引っかかるところあるけど、本物でもそうなの? 当方も実銃に関しては素人同然(撃ったことないんで)ですので、色々勉強しようと思います。  

続きを読む

shadeはじめました

いや、まだ体験版をDLして試している段階なので本格的に始めたというわけではなく、あくまでも導入を検討中なのですが…。 当方、3DCGはポリゴンモデラー派でしたが、どうやら色々調べているとスプラインモデラーと呼ばれるタイプのソフトの方が工業製品等の設計がしやすいという情報を見つけ、このたびスプラインベースの3DCGソフト、Shade 3D ver.14の体験版を導入してチマチマ操作を覚えています。 マルシンのモデルガンM92ブリガーディア シルバータイプをバラしてパーツを一つずつモデリングしようと考えたのですが、さすがにお気に入りの一丁を再び完全分解するのは抵抗があったので…。 買っちゃいましたw ブラックモデルの方を。 で、ネットで断片的な情報をかき集めながら、まだ途中ですがこんな感じに。 あんまり内部機構をガッツリ作るとアレなのでファイアリングピン付近はもう省略しておこうかと。 ちなみに、操作がややこしく、特に自由曲面と呼ばれる曲面の構造を理解するのに梃子摺りました。ただ、確かに言われてみれば時間はかかりますが、こちらの方が工業製品のような無機的な形状はモデリングしやすそうですね。 ちなみに、上の画像に変な影が映っていますが、これブーリアン演算という一種の立体同士の足し算・引き算がうまくいかなかった結果です(苦笑 たとえば下のような場合 赤い部分のみの立体を現す場合、左の方なら単純です。単にA-B-CでOKです。 ただ、右の方だとBとCが被っていますよね。…

続きを読む

MD500、MD500、ああMD500…

  興味のない人には面白くない内容かもしれませんが、ご了承を…。 相変わらず、ヘリのスケールモデル作製について色々悩んでたりします。作りたいという気持ちはあるのですが、優柔不断ゆえになかなか購入に踏み切れないんですよ…ハハハ そこで思ったのですが、同モデルをペーパークラフトで作ってみるのはどうだろうかと。 当方3DCGを齧ってますが、そのポリゴンデータをペーパークラフトの展開図に出来るソフトが存在するということで、それを購入してみようかと。 ソフトの値段は5K程度。まあ将来的にも使えるということなら買ってみても良さそうです。 (銃をペーパークラフト化してみたいというのもありましてw) 通常のポリゴンデータだと細かすぎて実際にペーパークラフトを作る作業が難しくなってしまう…とのこと。まだソフト買ってませんが、とりあえず今あるMD500の3Dデータを思い切って簡略化してみました。 オリジナル ペーパークラフト用 かなりポリゴン数を削りましたが、内装部分を作り込むのはちょっと難しそうですね。メインローター含めて全長30cm位のスケールとしても、座席や計器パネル部分はサイズが小さく手先の器用さが要求されそうです。ただ、当方的には風防をテクスチャの水色にして内装を省略するというのは納得できないので。ドアは両サイドとも外した状態ですが、前方の風防は透明セロファンでも貼ってみましょうかね。 そういえば、着陸装置の(正面から見て)ハの字部分は針金を通す等、…

続きを読む

赤青メガネで…

  以前3DCGソフトで作ったファイルを視点を左右に分けて再レンダリング、フリーソフトを使用して立体視画像にしてみました。 本当はもう少し他の画像も出したかったのですが、思ったよりもレンダリングに時間がかかるようなので。 どうでもいい話ですが、当方にとっての初音ミクとは 知能はハムスター並み いたずら好き ネギが大好物 ネギのことばかり考えている もはやネギのことしか頭にない …という設定で御座います。 いや、本当どうでもいい話ですねぇ。 あ、そうそう。真面目な話ですが、8月13日に発売予定のハコビジョン 初音ミク、当方買ってみようと思います。 ≪オマケ≫ 赤青メガネ自作してみました。 メガネの耳に引っかけるところは長さ調整できるよう別パーツにしています。A4用紙に入りきらないという他の理由もありますけどね。  

続きを読む

オリジナルの実機ヘリコプター?

  以前ラジコンヘリの記事を書いたといワケで、今回は当方が昔3Dソフトでデザインしたヘリの3DCG画像でも出してみます。(←どういうワケやねん) ロビンソンR-22を参考に、いちおうちゃんと空を飛ぶようにデザインしたつもりです。 ただ、いくつかトンデモ設定もあったりしますが… ちなみに、全長は7.7m、メインローター直径6.5m、(ここからは当方の適当な設定ですが)搭載燃料25ガロン、飛行時間3時間、価格1000万円程度…となっています。 実機のヘリは安いものでも数千万円しますが、一人乗りでここまで機体を小さく作ればこの価格でも元は取れるかもしれませんね。 大きさを比較するため、他の乗り物やヘリを並べてみました。注:図は極めて正確では御座いません。+-数%程度の誤差のある可能性があります。 オマケ 痛ヘリ仕様です。 そういえば、痛い乗り物って考えれば色々思いつきますよねえ。 痛車、痛チャリ、痛飛行機、痛ヘリ、痛船、痛飛行船、痛戦車(痛ンク)、痛UFO… う~ん。最初の5つまでは実在するそうですが…。 痛UFO…。おお、日本のオタク文化がついに宇宙にまで広がったのか  

続きを読む

MD500ヘリコプターの模型が欲しいんだけど…

  売ってないですねえ。 いちおう、複数のメーカーから同系列の機体のプラモデルなら発売されていますが(完成品はないのかな?)、当方が探しているのはキャビンの先端が尖った最新のMD500E型機です。 以前は「プラモデルなんて場所取るだけだし、画面の中で楽しめればいいじゃない。」ということで3DCGで画像を生成、見て楽しんでいるだけでしたが、先々月よりモデルガンを組み立てたり、エアコキG3A3にスコープを取り付けたり、ミニ四駆を組み立てたりしているうちに、それじゃ満足出来なくなったんですよ 他のアパッチやらブラックホークなら完成品も含め色々発売されているのですが、MD500やその系列のヘリは軍民問わずあまり見かけませんね。 需要がないのでしょうか。 いちおう、タミヤから1/72スケールのプラモデルのキットが発売されていますが、やはり機首が… あ、そういえばハセガワからたまごひこーきシリーズとしてデフォルメされた同モデルが発売されていますね。 最近流行の萌えキャラパッケージとのことw たまごひこーきシリーズということで、実機のあだ名と同様、まさにフライングエッグですねw 飛行機じゃないところが惜しい キャビン形状は別として、これはこれで面白そうですね。買ってみようかな~ オマケ 前にも少し載せましたが、以前作った同ヘリコプタの3Dモデルです。想像で作っている部分が多く、実機とは異なる箇所がいくつかあるのですが、ご了承く…

続きを読む

ライフルスタンドを自作してみた

  先日の記事でガンラック(※)を使用して長物系エアガン・モデルガンを収納してみようか云々言っていましたが、どうにも市販品のものには納得いかず、自作することにしました。 (※この記事では以下ガンラックとは書かずにライフルスタンドと表記します) いちおう、当方が求めるの条件は以下の通り。 1.安定していること 前にも言いましたが、転倒したら最悪です。 2.大量の銃を立て掛けられること 「ライフルスタンドが満タンだから長物買えないや。」なんてことにはなりたくありません。さりとて、キャパシティを増やそうといたずらにスタンドの幅を広くすると部屋を圧迫してしまいます。 3.キャスター付きで、移動が楽であること 当方、部屋が狭く、実際にライフルスタンドを設置するスペースが怪しいです(関係ない話ですが、電子ピアノも弾いた後はその都度部屋の端に移動させているくらいです)。ただし、キャスターを付けると安定性が悪くなりそうです。 4.それぞれの銃が手前に倒れて来ないこと 当たり前ですね… とりあえず、近所のホームセンターで販売されている木材のサイズをメモして帰宅後、パパッと3Dソフトで概略図を描いてみました。※作り方、設計図あります まあこんな感じですかね。 いちおう立て掛けている銃は左からMP5SD6、G36C、G3A3、M4A1 R.I.S、M700(VSR-10)となっています。 画面で見る限りあと2丁、計7丁の銃が余裕をもって立てられそうですね。ラ…

続きを読む

M16系のセミオート・フルオートの作動原理を3Dで…

  以前にも書きましたが、マルシンさんのXM177E2を参考に、M16系のトリガー機構を3DCGで再現してみました。 いちおう頭ではセミオート、フルオートの作動原理を理解しているつもりでしたが、やはり3Dでアニメーションさせるとなると色々気付かなかったというか、不明な点も出てきますね。 本当はエキストラクターとエジェクター、そして飛び出すカートリッジも再現したかったのですが、それをすると作業が膨大になる上にソフト側が回転オブジェクトのアニメーションに対応していないため諦めました(汗) ちなみに、ボルトの方も手抜きしております(大汗) とりあえず、フルオートの方のアニメーションがいちおう完成しましたので(ていうか、昨日の記事の補足として少しでも早く動画を載せたかった)、それだけでも公開しておきます。(セミオートはまた後日あらためて公開したいと思います)

続きを読む

MP5活用形?

  昔バックアップしたデータを閲覧していたところ、懐かしい画像が出てきました。 昔3DソフトでモデリングしたMP5ですね。あの頃はまだエアコキや電動を問わずMP5を一丁も持っておらず、カタログなどの写真からこの銃を3D化、画面上で色々装着してはニヤニヤしていました。 いや~、今でこそSDやRAS、クルツも含めて色々持ってますが、やっぱりいいもんですな。 個人的にはスライドストックのSDに光学機器を乗せたものが一番のお気に入りですね。PDWにスコープという組み合わせは少々可笑しいかもしれませんが… そういえば、WEからMP5クルツ(WEの公式サイトでは“Apache”の製品名)が発売され日本の市場にも流通しているようですね。 ※画像は公式サイトより抜粋 ええ、実はかなり欲しいんですよ。 ガスブロMP5クルツならすでにマルゼン製のものを持っていますが、あのエアガン、オープンボルト式でレシーバーも樹脂なんですよね (※ロアレシーバーに関しては実銃でも樹脂らしいです。) WEのはスチールプレスレシーバーに加え、3点バーストも付いているそうな… もっとも、値段が高いですが… 最近MP5からMP7に浮気したのでは? そんな話もあったかなアハハ… WEの公式サイトには他にもG36系やドラグノフなど、ガスブローシリーズが色々ラインナップに載ってますね。 ネットでも特に壊れやすいといった悪評は出てい…

続きを読む

G3A3にスコープを装着…したかった(゚Д゚ )

  随分前に書きかけたまま放ったらかしにしていた記事ですが、没にするのも勿体ないのでアップします。 エアコキのG3A3って、実はマウントベースが取り付け出来ないんですよね。ネットではローマウントベースなど、上下に挟み込むタイプのマウントベースなら取り付け出来る云々と書かれていますが、そんなことして命中率や初速に悪影響が出たら元も子もありません。(実際、通常の左右に挟み込むタイプのマウントベースだと内部のシリンダーが圧迫され初速が低下してしまいます そこで、同社の電動G3SG-1を購入、それにメーカーから直接取り寄せたA3用のパーツを取り付けG3A3化、 それにスコープを取り付けようと考えてみたのですが… マルイさん曰く、「G3A3用のパーツはすでに社内在庫が尽きた」とのこと う~ん。オークションで探せばあるかも知れませんが、新品ってことはまずないかな~ というわけで、3DCGソフトでモデリング、画面の中でスコープを付けてみることにしました← しかーし!!ここでモチベ切れ モデリングの途中で作業が嫌になってしまいました。 本来ならここから表面材質や刻印、その他細かいディテールを出していくところなのですが… そういえば、電動のG3とエアコキのG3で少々サイズが異なるらしいですね。具体的にはエアコキG3の方がストックやレシーバーが長く、ハンドガードが前方に寄っているそうです。 こんな感じでし…

続きを読む

ブログの更新ネタがない

  …と書くと、思いっきり嘘です 実際のところ、エアガンに関する執筆中の記事がいくつも溜まっており、VSR-10、エアコキG3A3、ワルサーPPK/Sなど、色々中途半端な状態で放置されたままですw 記事が完成次第更新していきますので、もうしばらくお待ちくださいm(_ _)m オマケ 何だか画像が一枚もないというのも寂しいので、以前3Dソフトでモデリングしたヘリコプター(MD500)でも上げておきます。想像で作った部分も多く実機とは多少異なるでしょうが、個人的には“場所を取らないプラモデル”として結構気に入ってます。 ちなみにこのヘリ、小中房の頃から好き機体の一つでしたw 元はエスコン2の影響で戦闘機一筋だったのですが、映画「アパッチ」の影響からかヘリにも興味を持つようになり、いつしか自衛隊機が上空を通過する度に空を見上げるようになってしまいましたw(ちなみに、近所に信太山訓練場があり、たまに89式などフル装備した自衛隊の方がレンジャー訓練のため夜間歩いているのを見かけることがあります) そういえば映画「アパッチ」、調べてみるとVHSでのみで販売されているようですね。ヘリが戦闘機を(しかもロケット砲でw)撃墜するなどツッコミどころもあるのですが、個人的には好きな映画なのでまた見てみたいです。 テレビで再放送があれば、そのためだけにブルーレイレコーダー買いに行きます!← (スミマセン、下らない話をダラダラと…{%トホホwebr…

続きを読む

ボカロPになってみた

  いえ、一度そう言ってみたかっただけです。Vocaloidソフトを持っている以上、厳密には何年も前からPでした。 まあ、今回は動画作成の方に力を入れ過ぎたようで、曲はあくまでもオマケですw それにしても、手持ちの3DCGソフト(六角大王Super6)で2分以上にも及ぶアニメーションを制作するにはホトホト疲れました。 六角大王はシンプルで扱いやすい非常に優秀なソフトなのですが、物理演算機能が搭載されていないため、物体の運動を頭の中でイメージしながら地道にキーフレームを設定していく必要がありました。 レンダリングも遅くはないのですが、さすがに1000を軽く超えるコマ数となると時間がかかりました。PCは就寝時、外出時共にエアコン30度設定でつけっ放し… 結局、寝ても覚めてもモニターを睨んでるうちにモチベが低下、何とか完成までこぎ着けましたが、やっつけ仕事な部分も少しあります。 しばらく時間を空けた後でもう一度動画を見直し、細かいところを修正していこうかと思います。 (出来れば、楽曲の方もこだわってみたいです。) ちなみに、動画の中で使用しているミクのモデル、実は昔買ったフィギュアを参考に作ってます。(※いや、もはや丸パクです) ずいぶん前に購入したものなのですが、今でも一番のお気に入り、この甘えん坊というか、いたずらっ子というか何とも言えない表情に「ふぉぉぉぉ!!!」 (スミマセン。このフィギュアの話…

続きを読む

CLIP STUDIO MODELERのベータ版を試用してみた

  CLIP STUDIO MODELERのベータ版を使ってみました。 セルシスさんから届いたメール本文中のリンクをクリック、DLおよびインスト後にCLIPに登録しているメールアドレスとパスワードを入力すれば準備完了。 1ヶ月の期限付きですが、全ての機能を試すことができます。 とりあえず、六角大王Super6の画面と見比べてみました。(ちなみに当方、デュアルディスプレイです) インターフェースなどを見る限り、どうやら六角大王Superの後継ソフトであることはほぼ間違いなく、操作性や各ツールのアイコンは六角大王のものとよく似ています。[ツール]ウィンドウが[パレット]という形で左右に並ぶため最初は戸惑うかもしれませんが、それほど操作に迷うことはないと思います。 ただ、六角大王Super6にあったはずのレンダリング機能が見当たらないんですよ 六角大王のレンダリング機能は非常に簡単な操作(たった数クリック)で通常の3DCGソフト並みの画像が生成出来るということで、個人的には非常に気に入っていたのですが… ソフトの名称にも「MODELAER」とありますし、レンダリング機能が搭載されない可能性はあります。 製品版でレンダリング機能を搭載するのか、あるいは引き続き六角大王も新バージョンをリリースするのか…ちょっと気になります。  

続きを読む

M92Fクロームステンレス …う、美しすぎる

  いや~久しぶりにハンドガンに惚れました。この輝きです!(本当はプリンタ用紙などで背景を白にして撮影したかったのですが、どうにも上手くいきませんでした ※ダミーカートリッジは別売です。念のため。 ステンレスモデルは迫力が違いますね。ショップのショーケース内で何度か見たことはありましたが、実際に家に持って帰って手に取るとここまで惚れられるモノだったとは… 眺めているだけでワクワクしてきます そういえば、昔六角大王で作ったファイル、ちょっといじってみるかな…

続きを読む

M1カービン密造中…(※冗談です)

  故障したM1カービン…マルシンさんに問い合わせることなく、なぜか3Dソフトでモデリングしております。 まあ、今さら初期不良扱いにはならないでしょうけど、メーカーの方には早めに連絡を取っておいた方がいいかもしれませんね。 そういえばセルシスさんから「CLIP STUDIO MODELER」という3Dソフトのベータ版が公開されましたね。六角大王Superの方は最近アップデートや新バージョンの話は聞かないですし、ひょっとしたら六角大王Superの後継ソフトとなるのでしょうか? 近々、試用してみようと思います。 六角大王でモデリングするのはこのM1カービンで最後になるかもしれませんね。 (…と思ったものの、よく考えたらまだ未完成で放置しているファイルがいくつかあったりしますw)  

続きを読む

クリスマスの壁紙とか…

いつもの3Dモデルで壁紙を作りました。今回も適当にキャラを配置しただけですが… ※希望の壁紙サイズがない場合は、Windows付属のペイントなどで任意のサイズに縮小、トリミングしてご使用ください。個人での利用であれば、自由に加工・編集していただいて構いません。 なお、例によって画像の拡張子をgifに変更して公開しています。画像の保存後は拡張子をjpgに戻すようお願いします。 1920×1080 1366×768 1280×1024 480×272 (PSP用)

続きを読む

ハロウィンということで…

3Dソフトで絵を描いたので、アップロードしておきます。 もう少し早く用意できればよかった… ※なお、劣化防止のためJPEGファイルの拡張子をgifに書き換えてアップロードしています。(このブログの仕様上、拡張子をjpgのまま画像を上げると再圧縮されてしまうのか、画質が悪くなってしまうんです…)。 ファイル自体はJPEGですので、ファイルに保存後は拡張子をjpgに戻してください。 1920×1080 1280×1024 PSP用 iPhone用

続きを読む

自作のミクモデルにモジュールを追加してみた

以前からtwitterのアイコンに使用しているミクの3Dモデルですが、今回はちょっとだけコスチュームを変えてみました。 眼鏡をかけさせ、ヘッドセットのデザインを変更。服の色も白とピンクの組み合わせに。 う~む。どうだろうか。モジュールの名前は…スペイシーチア? とりあえずテストレンダリングしてみる。 無鉄砲にデザインしたものなので、あしからず。まだ製作途中なので、可愛いモジュールに落ち着いたら追って報告します。 では。

続きを読む

壁紙画像でも置いておきます

以前使っていた壁紙画像でも置いておきます。 梅雨は過ぎてしまいましたが、秋雨があります。 相変わらずいい加減な性格なので、細かいツッコミはなしでお願いします。あくまでも雰囲気、雰囲気… PSP用 1366×768 1920×1080 ちなみにこのブログ、jpgやpngファイルを普通にアップロードすると、画像が自動的に再圧縮され画質が劣化してしまいます。色々調べてみたところ、どうやらgifは再圧縮の対象にはならないようで、jpgやpngの拡張子をgifに変えてアップロードすると、再圧縮されず綺麗に表示されるみたいです。 比較画像(上は再圧縮なし、下は再圧縮あり)

続きを読む