ライフルスタンド作り方と設計図

  前回紹介した自作のライフルスタンドですが、せっかくなので作り方と設計図を公開しておきます。 皆さんのエアガン生活の一助になれば幸いです。 ご注意 ここで紹介する作り方、設計図はあくまでも一例です。木材のサイズやその貼り付け位置に関しては、好みや製作コスト(板が大きいほど値段も高いです)、強度に応じてアレンジして頂いてかまいません。 また、当方の都合により今回は一切塗装を施しておりません。こちらも好みに応じてニスやオイルステインを塗って下さい。 立て掛けられる銃について ここで紹介したサイズで製作した場合、基本的にMP5(スライドストックモデルの場合はスライドを展開した状態)より長い銃が立て掛け可能です。それより短い銃(たとえばP90など)では立てられないことがあります。なお、スコープ+バイポッドを搭載したVSR-10でもまったく問題なく立て掛けられるので、長い銃に関しては大丈夫そうです。(さすがにバレットM82などの対物ライフルはどうか分かりませんが…) 道具の用意 持っている人ならいいのですが、そうでないとちょっとお金がかかるかもしれませんね。電動ドリルが高いです。安いものなら2000円で買えますが(当方もそれを使用しています)、加えて刃が必要になります。ネットでパッと調べたのですが、刃についてはこういうのを持っておくと後々便利そうです。あと、ノコギリとメジャー、金づち、ドライバーが必要です。必須ではありませんが、水平器があればより歪みなく綺麗に組み上げられるか…

続きを読む

ライフルスタンドを自作してみた

  先日の記事でガンラック(※)を使用して長物系エアガン・モデルガンを収納してみようか云々言っていましたが、どうにも市販品のものには納得いかず、自作することにしました。 (※この記事では以下ガンラックとは書かずにライフルスタンドと表記します) いちおう、当方が求めるの条件は以下の通り。 1.安定していること 前にも言いましたが、転倒したら最悪です。 2.大量の銃を立て掛けられること 「ライフルスタンドが満タンだから長物買えないや。」なんてことにはなりたくありません。さりとて、キャパシティを増やそうといたずらにスタンドの幅を広くすると部屋を圧迫してしまいます。 3.キャスター付きで、移動が楽であること 当方、部屋が狭く、実際にライフルスタンドを設置するスペースが怪しいです(関係ない話ですが、電子ピアノも弾いた後はその都度部屋の端に移動させているくらいです)。ただし、キャスターを付けると安定性が悪くなりそうです。 4.それぞれの銃が手前に倒れて来ないこと 当たり前ですね… とりあえず、近所のホームセンターで販売されている木材のサイズをメモして帰宅後、パパッと3Dソフトで概略図を描いてみました。※作り方、設計図あります まあこんな感じですかね。 いちおう立て掛けている銃は左からMP5SD6、G36C、G3A3、M4A1 R.I.S、M700(VSR-10)となっています。 画面で見る限りあと2丁、計7丁の銃が余裕をもって立てられそうですね。ラ…

続きを読む