PINTY チューブ型ドットサイト買ってみた

Pintyというブランド名のドットサイトを買ってみました。二千円ちょっとですが、筐体はもちろん金属で口径も大きく、実用上特に不安はありません。定規で実測してみたところ、筐体チューブ径39mm、最も狭いレンズ径もしかしたらレンズが入っていない?一番狭い部分で約24mmとなりました。(接眼レンズ手前部分が最も口径が小さいのですが、その部分を定規をあて視差が生じないよう出来るだけ正確に測りました。) 対物側のレンズが赤ではなくシルバー。追記:口径は28mm程度。 ウィンデージ側の調整ダイヤル。エレベーションも含め、ゴムのリングで防水処理されています。いちおうスペックでは耐衝撃、防水とのこと。なお、購入時点でゴムのリングはグリスなどの油気ゼロ。ワセリン、シリコングリス等を微量塗布しておいた方がいいかと。ダイヤルはクリック感があり、当たり前かもしれませんが回すとちゃんと狙点も移動していきます。 ドットは赤と緑の2色。ダイヤルを回してそれぞれ1から5段階。最初の一段階目でも結構光ります。 電池はCR2032が一個(付属)。ここもゴムのリングが入っています。 レールへの取り付け部分ですが、マウントレールの窪みに片方のネジ軸だけ入るようになっています。ツメの位置の前後調整はできませんが、これなら大抵のレールに取り付けできるはずです。 バトラーキャップが案外アッサリ外れてしまいます。指でポンと開けると場合によってはキャップの根本ごと脱落するかも。 説明書。日本語表記あり。 覗くとこんな感じ…と言いた…

続きを読む

KSC M93R用マウントベース(新仕様)

届きました。いや、届いていました。 固定は、テイクダウンラッチを外しマウントベースを銃口側からスライドさせ、テイクダウンラッチが通っていた貫通穴に専用パーツ(マイナスの大きな溝の入ったやつ)を挿入、反対から六角ネジで締め込むことで行います。 ヤワな方式と思いきや、意外とガッチリがたつきなく取り付け出来るようです。いちおう、どうしてもガタつく時用にマウントベース下部にイモネジを挿入する箇所が2箇所設けられています。(ただし、銃に傷がつく) 似合いそうなチューブ式のドットサイトを買ってみました。RMR乗っけたら雰囲気台無しかw アイアンサイトでも狙えます。 バイオハザード5でよくお世話になりました。

続きを読む

PSO-1スコープのスイッチを…

以前購入、紹介した軍規格OEMだのPSO-1スコープ。 これのレティクルのスイッチですが… 実は以前このトグルスイッチの固定が緩んできまして、樹脂製のカバー(その時は知りませんでしたが、これ防水カバーだったんですね)を傷付けまいと自分の爪で締め直してみたところ、盛大に表面がボコボコになってしまったんですよ。 もういいやということでその後ペンチでガッツリ締め込みましたが、さすがに画像のような状態だと目立たないとはいえ見栄えが悪い…。 ということで、その防水カバーとやらを購入。わざわざAmazonで中国から取り寄せずとも日本橋のシリコンハウスあたりで買えばよかったのですが、まあ特に急いでもいなかったので気長に待ちました。腐るほど入っています。 固定用のネジと一体になっていますね。 スコープ側のトグルスイッチはすでに固定されているのでこの上にカバーだけを重ねることにします。 左が今回購入した方、右がスコープオリジナル。見た感じ全く同じ製品。 まあ特にどうということはありませんが、気持ち的に随分スッキリしました。 uxcell トグルスイッチのカバー 防水キャップ  保護カバー メスネジ ネジ直径5mm 20個入りuxcell Amazonアソシエイト by 次世代 SVD&AK用 4X24-1 PSO-1 スナイパースコープ 軍規格OEM品NB Amazonアソシエイト by

続きを読む

新たに買ったPSO-1…型番はPO 4x24-1っぽい レビュー

twitterでもボソッとつぶやいていた、新たに購入したPSO-1スコープ…。本日、紹介。 ※接眼側のゴム製アイピースは別売です。別途実銃用のを買い足しました。 えっと、まず購入したのはここ。 “軍規格OEM品”とまた、微妙なニュアンスですね。本物?レプリカ?ヤフオクでも同じものが出ているようですね。 で、届いた製品ですが、このマークを信じるなら、どうやら本家ロシアのノヴォシビルスク光学機器工場(NPZ)製のようです。いちおうシリアルナンバーっぽいものも。型番はPO 4x24-1、PSO-1の民生用のもののようです。 “PO 4x24”と、やや型番が異なりますがこちらが公式サイト。ちなみに、ハンティング用のものは軍用と異なり、距離を計測するアレが1.5mになってるそうな。(レティクル自体も色々あるそう) ウチのは幸い(?)1.7mでした。 ちなみに、PO 4x24-1はSaigaやヴェープル、PO 4x24はTigerに取り付けとのことらしいです。 届いた時はこの箱にスコープがプチプチにくるまれた状態でした。冒頭でも書きましたが、接眼レンズのゴム製フードは付属せず(後で別途追加購入)。説明書は前に買ったUFCブランドのレプリカに付いていたものとほぼ同じ。要するに、エアガンでの使用前提。 パソコンで言えばバルク品ってところかな?梱包を含めてかなり簡素。 細かく見ていくと、表面はエナメル焼き付けとか言われている、ややツルツルな表面加工。スイッチ表記はキリル文…

続きを読む

UFC SVD用スコープ買ってみた

だいぶ前の話ですが、A&KのエアコキSVD(もしかしたら、購入したモケイパドックさんの半ショップカスタム品)付属のスコープを壊してしまったということで。 今思えばKingArmsの方を売らなければよかった…。とはいえ、あっちはあっちで見え味がかなり悪かったりしますが。 で、今回買ったのはUFCブランド製品。すでに取り付けた後から写真を取ってしまいましたがご了承を。 パッケージにはよくあるクロスヘアタイプのレティクルが描かれていますが、製品自体はちゃんとシモノフレティクル。 製品自体はS&Tのものかな? すでに銃に取り付けた後なので中身は空っぽ← こんな感じです。色はほんの若干ですが、ややグレーがかっています。イルミネーション用の電池はCR2032を一個。 twitterの方でも言っていましたが、銃にはそのままポン付け出来ず。 ブログ紹介のため、一度取り外し。 赤色矢印の部分、ヤスリで削っています。素材がアルミだからか、そんなに時間も体力もかからず。 レティクルはこんな感じ。カメラで上手く撮るのが難しいですね。実際はレティクルは全体的にもっとクッキリしています。ただし、周辺の景色がぼやけるのは相変わらず。 なお、LEDがパワーアップしたのかな?赤色イルミネーションが昼間でも分かるくらいしっかり光ります。 A&Kのエアコキドラグノフとはスコープ取り付け基部の角度が異なるため、数回着脱を繰り返すとこんな風に金属の粉が…

続きを読む

A&Kドラグノフに付属していたスコープをカスタム

  ネットでも囁かれてますが、ドラグノフ用のスコープ(実銃用ではPSO-1とかいうヤツですね)のレプリカは、モノによってはLEDを収納している突起部分が銃のトップカバーと干渉してしまい、上手く取り付けられないことがあるそうな…。 幸い、当方の所持している製品についてはそういったことはないのですが(そりゃショップがセットで販売してるんで)、位置的にはかなりギリギリです。 これまで何度か着脱をした際にトップカバーに傷を付けてしまいました。現在、塗装し直し中…。 で、今後またしても傷を付けるのは御免だということで、このLEDを収納している突起をヤスリで削ってみることに。 とりあえず、キャップ取り外し。 他のネットソースの情報だと、キャップを外す前に必ずすぐ隣にある配線を固定するネジを緩めないとLEDの脚を破損する云々と書かれていましたが、当方のスコープでは構造上そういったことはなさそうです。(ただし、ネジを緩める緩めない関係なく、着脱を繰り返すと確実に脚が傷みます…) で、近所のホムセンで買った金属用の平ヤスリでLED収納突起付近をゴリゴリ削ることに。 この時、発生した金属粉がスコープ内部に侵入する可能性があるので…。 100均で買ったグルーガンでLED突起内部を埋めてみることに。 実際のところ、購入時点ですでにレンズ内に複数のゴミが付着しているのですが、これ以上増えられても困りますからね。 で、あとはグルーごとヤスリでひたすらゴリゴリ。ちょ…

続きを読む

ANS OPTICAL 4×32Sスコープを買ってみた

  引き続きスコープなネタです。 エアコキG3A3用に、Amazonに出店しているスタイル・マーケットにてこちらの商品を買ってみました。(ブログ更新停止中に荷物が届いたため、銃に取り付けた状態での撮影となってしまいました。ご了承願います。) リンク先にもありますが、お値段3280円、しかもバトラーキャップとマウントリング付き!※写真に写っているマウントリングは当方が別途用意したハイマウントタイプのものです。…ごめんなさいです(大汗) 破格でしたね。 品質も決して悪くはなく、視野は非常に明るくクッキリしています。可変ズーム機能やレティクル発光機能、フォーカス機能もなく、また倍率も4倍固定ですが、おそらく普通にサバイバルゲームをするには全く問題ないでしょう。アイレリーフは当方実測で約11cmと結構長め。それゆえか、若干視野も狭いようです。 全長203mm、重量251gとかなり軽量、エアコキに取り付けても大して重くなりませんでした。 ちなみに、対物レンズ側と接眼レンズ側のチューブ径は同じようで、バトラーキャップも前後同じものが使用されていました。 レティクルはこんな感じ。何か名前ありましたよね(ド忘れェ… 付属品とパッケージはこんな感じ。マウントリングはスコープのパッケージ内に別の小箱に入った状態で収められていました。 いや~、いい買い物でしたね。エアコキG3A3がさらに気に入りそうです。 追記:このスコープはマウントリングの前後調整幅が狭いため、マウン…

続きを読む

マイクロエース(旧アリイ) M16スコープを組み立ててみた

  続けてスコープなネタです。 マイクロエース(アリイ)のM16用スコープを買ってみました。 …っとスミマセン。実はこれ、スコープというよりプラモデルに近い製品なんですよ。実際、ランナーからパーツを切り取り接着剤で貼り合わせていきます。スコープとしての機能はなく、またゼロイン調整もできないのですが、当方はマルシンのM16モデルガンに取り付けるのが目的ということで、これはこれで構いません(笑) ちなみに、組み立てた後の感想を先に申し上げますと、結構難しいというか、手こずりました。 パッケージはこんな感じ…て、何だコレは!? 当方、恥ずかしながら一瞬いずれか一つがランダムに入れられているものだと勘違いしてしまいました (天面の下の方にも書いていますが、もちろん側面のシールを見ればどの製品が入っているのか一目瞭然ですよ。) 開封してみましたが、このモデル、金型が古いのか造形が非常に荒いです…。当方もよく分からないのですが、ワッフルのように上下から金型を挟む際、隙間から樹脂が漏れ出したのでしょうか。一部ランナーとパーツがくっついてます。 さて、とりあえず組み立てる前に実際にこのスコープがマルシンのM16のキャリングハンドルに付くかどうかを確認してみました。…が、どうやら下の写真のようにキャリングハンドルの穴にスコープ基部の突起部分が入らない模様。 しょうがないので組み立て手順を前倒しし、先にスコープ基部を組み立てておき、そ…

続きを読む

ドラグノフ用スコープ(KingArms製レプリカ)を買ってみた

  ドラグノフ用のスコープのレプリカ(KingArms製KA-SCOPE-22)を買ってみました。 「かめんぎはんがAK系?」 意外かもしれませんが、実は当方元マルイの次世代AK使いでして、さすがにヘリカルギアなどは予算上無理でしたが、けっこうメカボにカスタムを施したりしていた頃もありました。(具体的にはメタル軸受け、ベアリング入りスプリングガイド、ねじ山のタッピング加工など) 最近はM16やM4、MP5などどちらかというと西側の銃に嗜好が移行してしまいましたが、やはりAKとドラグノフは今でも格別、決して興味が失せたわけではありませんね。 ああ!売るんじゃなかった!! 失礼しました。さっさとスコープの方を見ていきます ええっと、中華メーカーKingArms製のレプリカですね。値段は某ネットショップで18000円程度。30000円くらいで中国ノリンコ製のものも販売されていましたが、予算的にキツかったのでこちらを選びました。(将来的に、もしかしたらノリンコの方も購入するかも) パッケージはシンプルで、段ボール箱の真ん中にシールが貼ってあるだけです。 表面はサンドブラスト加工されたような印象で、かなりザラザラしていますね。やはり東側の機器といった感じで形状も武骨、本物はどうか分かりませんが、一部配線がむき出しになっています。 配線…そうです。このスコープ、内蔵された発光ダイオードでレティクルを赤く光らせることが出来ます。 …

続きを読む

Trijicon ACOGスコープのレプリカ

過去記事整理の一環として、ちょっと編集を加えました。2016/10/15 先日、某ホビーショップにてこんなものを買ってみました。 Trijicon ACOG スコープのレプリカ品です。\18,900とかなり高額でしたが、高かろう良かろうなのか、コピー品の割には意外としっかりした造りで、十分実用に耐えられそうです。 とりあえず、パッケージはこんな感じ。輸送によるダメージなのか、箱は汚れている上にボロいです。 中央のシールには4th SECTION ARMSというメーカー名が記載されてます。もちろんというか、中国製。 筺体はアルミのようで堅牢性は十分。集光チューブはダミーなので実際にはレティクルは光らず。ちょっとパーツの造形が粗いところがあり、特にドットサイトを乗せる土台部分は最初から傾いていました。また、チューブの前後を連結するネジ4本がユルユル状態でした。 レンズはコーティング処理されているようで、視野はかなり明るいです。レティクルには実物に基づいており雰囲気は十分。ただし、先ほども書いた通り、発光機能がない上にレティクル自体が非常に細いため、周囲が暗い状況や真っ黒い物体だとかなり狙いにくいかもしれません。あと、個体によってはレティクル付近に若干汚れが見られるようです。 フロントフォーカス機能は付いていませんが、約8mの距離からピントが合い始めます。(これも個体差ありかと) ドットサイトを覗くとこんな感じ。レンズはかなり青みがかっていますが、…

続きを読む