ナーフ銃ってどうなのよ!?

ホイホイさん系の落書きしてたら、「架空、それも現実に即してないそれこそ玩具のような銃も悪くないなあ」ということで、最近ナーフ銃というものに興味があります。上に描いてるのはブログ主がテキトーにデザインしたものですが。(設定かなり滅茶苦茶ですw) 気になった製品ナーフ エリートクワドラント E0012 正規品第一購入候補。リボルーバー式4連発。安い上にお手軽そうですが、装弾数4発はちょっと寂しいか。あと再度装填するのにも手間かかるし。 ナーフ モジュラス メディエーター E0016 正規品やや大型。フォアグリップ部を前後させることでコッキングできます。マガジンに弾を詰め銃に挿すという、エアガンよりもリアルな装填アクションが楽しめるかも。ただ、廃莢はなし。 Nerf Rival Phantom Corps Kronos XVIII-500 ナルフライバル ファントム軍団クロノス [並行輸入品]球状の弾を使用するシリーズ。装弾数が多いとはいえ、モデルガン派としてはやはり球よりも矢状のものが飛んでほしいところ。 他にもいろいろありますが、とりあえず絞ると上記3製品が特に気になります。 というわけで、お茶濁し完了。 たまにこんな感じで落書きして遊んでいます(笑)

続きを読む

骨董品(?) タカラ ワープロWD-A30Tで遊んでみた

トイガン関係のネタならあるのですが、いろいろワケありで後回し。ご了承を。 トイガン以外となると、こんなもので。これ、元姉貴の部屋に放置されていた古いワープロです。透明なポリ袋の中に入っていました。存在自体は以前から知っていましたが、一足早い年末の大掃除の際気になってちょっと開けてみることに。すでに電池(単1電池×4個)をセット、ローマ字入力が出来ない(?)のでひらがな入力で遅いですが徐々にタイピングして印刷しています。 そういえばこれ、たしかちびまる子ちゃんとのコラボか何かの製品だったような…。ネットで調べてみるとオークション等でヒット、箱がたしかにちびまる子ちゃんのパッケージになっています。画像転載出来ないので気になる方はWD-A30Tと検索してみて下さい。 本体の方に戻って、左面にあるインターフェイス。昔のPS/2マウスのようなコネクタですね。昔はこういったコネクタで周辺機器と接続していたんですかね。録音再生ということは、まさか音楽でも記録できるとか? 右面。ACアダプタや電源スイッチ、そして液晶の濃い薄いを調整できるダイヤル。このダイヤル、昔のゲームボーイでもありましたね。 電池収納部。単一電池を使うということは、そこそこ電気を食うのかな? そして、最大の特徴というか目玉というか。このカセットテープのような部分にカーボン紙?(か何かは知りませんが)そういったものが巻かれていて、それを転がしながら紙に押し当て印刷しているようです。つまり、下手に消耗は出来ないということ。交換用の…

続きを読む

ACOS初音ミク イメージパーカー買ってみた

どちらかというと、“買ったった”と表現した方がいいかも。いい年して初音ミクをイメージしたパーカーとやらを買ってみました。公式ライセンス品。 デカいです。メンズ、レディースそれぞれフリーサイズのものが一つずつ発売されていますが、身長180cm以上の私でもいわゆる萌え袖状態になってしまいます。 そして、初音ミクカラー?この青と緑の中間のようなバンド色目当てに腕時計なんかも買ってしまいました。 色、ほぼ同じです。 近所の手前があるので屋外では着ません。これが普通に着れる年齢の頃だったらなあ…なんてことも考えません。 元体重100kg以上、超絶天然パーマ&フケ、髭ボーボーなあの頃に着たところで、同級生以外の大人にまでキモいと一蹴される可能性大です(笑) ちなみに、あだ名は“社長”。 あの頃は酷かったぜ…。 追記なオマケ家じゅうの掃除をしているのですが、中学の頃使っていた体操着出てきたのですが、こんなことが余裕で出来てしまいました。当時は授業中こうなる↓ことが心配なくらい、ピッチピチでした。一体俺、どれだけ太っていたんだろう…ええ、このアニメに触発されて筋トレ初めてみたのですが、調子こいてやり過ぎたのか、風邪をひきそうです(笑)

続きを読む

以前購入したVFC GBB MP5SD3(旧型)、実は弾が真っ直ぐ飛ばないのでCRUSADERのスチールアウターバ…

長いタイトル名ですねぇ。何年か前に買ったVFC GBB MP5SD3ですが、実は大きな問題が。サイトを調整してもその範囲を超え着弾が左にズレてしまいます。光学機器を乗せることで気にしないことにしていましたが、やはりアイアンサイトで狙いたい時もあり、こうなるとどうしても気になるということで修理・調整を試みることにしました。 あらかじめ言っておくと、結果は失敗。リスクを冒せばまだ可能性はありますが、高価な銃だけに無理はしないことに。 せっかくなので、バレルの取り外し方及びレシーバーの分解方法を書いてみます。いや、書いているうちに長くなり、もはやこっちの方がメインの話にwなお、分解に際してストックがオリジナルのスライドタイプのものではなく固定タイプのものとなっており、またタイトルに書いているCRUSADER製のスチールバレルと換装した後の写真となりますが、ご了承ください。加えて、こちらはあくまでも旧型モデルの方です。新型モデルの方とは構造や分解方法に違いがあるかもしれませんが、ご了承ください。(分解の際、参考程度になれば幸いです) マガジンを外し、スリングベルトを外します。スリングベルトは前方のフック側だけ外せばOK。機関部にオイルを噴射するような場合は光学機器も外しておいた方がいいでしょう。ボルトは必ず前進位置(つまりコッキングレバーを後方で引っ掛けていない状態)にしておいて下さい。 ストック側のピンを抜きます。個体によってはかなり固いかも。後ろから叩き出す場合はポンチではなく割り箸等、銃が傷…

続きを読む

ぐだぐだw

先日の“一撃殺虫!!ミクミクさん”は、“一撃殺虫!!ホイホイさん”のパロディでした。って、そんなのググればすぐ分かるかな? で、また描いています。そういえば、Apple Pencilを買って手持ちのiPadを液タブ化しようと考えていたのですが。時機を逃したか、第一世代のペンということで今さら感がして買う気がしません(笑) スタイラスペンなら買っていました。キャンドゥにて。 ま、Apple Pencilと違い手が画面に少しでも触れると不用意にそれが反応しマトモに描けませんが。ただし、お絵描きではなく、単にポチポチと画面をタップするには非常に便利です。 ところで、ホイホイさんですが、PS2用ソフト持っています。20XX年、害虫たちは全ての駆除剤を克服し、ある日本企業が小型害虫駆除ロボット、通称“ホイホイさん”を発売、プレイヤーはホイホイさんを操作し害虫を駆逐、ステージをクリアしていくというものです。ゲーム自体はTPS。単に敵を倒すだけでなく、(ゲーム内で)ためたお金でホイホイさんのコスチューム等色々カスタマイズすることが出来ます。※本日、最初やり直そうとセーブデータを消したため、以下のキャプチャはまだほとんど開始直後の状態です。 話が変わりますが、例の絵ですが、ちょっと修正しておきました。スカート、髪飾り、銃を修正、あと髪の毛のグラデーションを廃止。これ以上の追求は止め、当時の画力不足として思い出の一つにしておこうと思います。あ、文字はテキトーです。ところで、スマホに貼ったステッカーので…

続きを読む

一撃殺虫!!ミクミクさんw

しばらく別の趣味に移行していたりすると、ちょっとした不注意でもミスを犯しやすくなりますね。BlackcatのミニチュアBeretta92、記事の中でエジェクターをエキストラクターと書いていました。訂正、お詫びします。 先日のゴキ○リの話。やはり画像を出すのはマズかったですね。いや、生きている死んでるグロ関係なく、ゴキ○リ大嫌いな人にとっては相当なショックな映像だったかもしれません。でも、どうなんでしょうね個人的には。先日、親の実家の関係で作物を作らなくなった農地の草刈りを行ってきたのですが、そこにいた虫たちを見て「ゴキ○リもコオロギも見た目そんな変わらないだろ」という印象を受けました。まあ本当に虫嫌いな人には男の子が大好きなカブトムシやクワガタ虫も同列扱いになるのかもしれません。草刈り中、数匹のスズメバチとニアミスし、さらにカエルも多いということで蛇にも注意しながら作業しましたが、人体への危害という意味でもゴキ○リなんて可愛いもんです。確かに、バッタが跳ねるくらいの猛スピードでこちらに疾走してきたら精神的に堪えますが(実際されたことがあります)、見た目勝負なら、軍曹もですが、ゲジゲジが最強です。 ブログ主的 見た目の気持ち悪い虫ランキング ※咬む、刺す、毒など、人体、食品、家屋への影響は度外視しています。 第一位 ゲジゲジ第二位 アシダカ軍曹第三位 ムカデ (ゲジゲジはムカデの一種ですが、見た目が大幅に違うため別物扱いにしました)第四位 蛾第五位 毛虫第六位 ゴキ○リ第七位 …… 普通の人…

続きを読む

PS VRの配線がゴチャゴチャなので、ちょっと使いやすくしてみた…だけ

以前やや否定的な感想を述べたPS VRですが、同時にこの機器、配線が複雑でブログ主のように頻繁に使用する物品を展開⇔収納する人にはちょっと面倒なものを感じます。プロセッサユニットに加え、独立した電源アダプタなど、物が多過ぎ…。 そこでPS4本体とVRのプロセッサユニットを両面マジックテープで固定、こんな風にしてみました。これで一塊のような状態になっているので、このままPS4本体とVRそれぞれの電源プラグをコンセントに差し込み、PSカメラをテレビ前に設置&接続、VRゴーグルのケーブルをプロセッサユニットに差し込みテレビにHDMIケーブルを挿せば準備完了です。文章で書くと煩雑ですが、少なくとも1から設置、接続するよりははるかに楽です。あ、コントローラの手前についている黒い物体ですが、実はマルイのHFC134Aのフタだったりw ケーブルを外しコントローラを水平にすればそこそこ安定し、コントローラがPS4天板から滑り落ちるようなことはありません。PS4本体とVRの電源アダプタ以降の電源ケーブルはスパイラルチューブでまとめています。 ちなみに、VRゴーグルとカメラはAmazonの空段ボール箱にそのまま仕舞っています。もう少し大きな箱を用意すれば画像一式も一緒に収納できそうです。(ただし、より衝撃厳禁になりますが)ゲーム機を常時据え置く人は関係ないかもしれませんが、そういう環境でない人、あるいはブログ主のようにインテリアを優先する人にはこれはそこそこスマートな方法かもしれませんよ。

続きを読む