アクセスカウンタ

<<  2017年8月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


GLOCK Gen.3用ビーバーテール取り付け

2017/08/30 01:07
グロック用ビーバーテールを開封、取り付けてみました。
画像

画像
※青い光はPC画面。

GUARDER ビーバーテールグリップ GLOCK GEN.3
GUARDER

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by GUARDER ビーバーテールグリップ GLOCK GEN.3 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


取り付け対象は、タナカのモデルガンGLOCK17 EVO。基本ポン付けでOKですが、ぎぃぃさんはちょっとだけ加工。

この画像のピン↓
画像
端っこの方に抜け防止のためのローレット加工が入っているのですが、銃本体にピンを差し込み力を込めてピンポンチで打ち込もうとしたあたりで気が付きました。
「あ、このビーバーテールが不要になった時、銃内部にこの“跡形”が残るんだよなあ…。」
無駄に穴が広がりピンが抜けやすくなるのも嫌だし。
ちなみに、ローレット加工部分の直径は3.1mm、それ以外の直径は3.0mm。タナカ純正パーツのピンの直径は3.0mm、ローレット加工なし。

というわけで、一度ピンを外し、ピンをルーターに装着。金属ヤスリを横から当ててジョリジョリ掘削。
画像
まだローレット加工の谷底の部分が残っていますが、これでもわずかに“くびれ”状態。どこも直径3.0mm以内に収まっているのでOKと。ブルーイングをかけて銃本体に組み込みました。
画像
ふむふむいい感じです。強くグリップするとグリップセーフティのようにグラグラ動きますが、気になる程度のものでもないかと。
お気に入り度UPです。
記事へ面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


いまさらながらM9A1…

2017/08/29 11:42
まさに今さらなのですが、マルイのM9A1GBBとか、いろいろ買ってみました。
画像

米軍はすでにSIG P320の方に移行するとのことですが、いいじゃないか!オマーン陸軍だって時期正式採用だべよ!
ところで、今月のガンプロ読んで初めて知ったのですが、そのSIG P320が暴発云々ですか。


話を戻して、グロック用のビーバーテールと、
画像

VFCのVP9用サプレッサーアダプター。HDDケースは前に書いたのと同一製品。
画像


前者はまだ取り付けていませんが、後者はこんな感じに。
画像

画像


アダプターは銃側にねじ込む方も、サプレッサー取り付け側もいずれも逆ネジ。マルイの電動MP5用のマズルアダプターが使えるかなと思ったのですが、一応入りますが長さがここまで違うとちょっと…。
画像


ガンプロ内の製品宣伝ページにあるこいつが気になる…。
画像
画像ぼやかしていませんが、宣伝だしまあいいか
キャロムショット発売のマルイの銀ガバベースのカスタムGun、通称“ソフィア”。前に言っていたタナカのMGベレッタ92Fイノックスも気にはなるのですがね。

ホールドオープンカッコいいで賞w
画像


というわけで、ブログの内容も更新頻度も下がったものの、物欲は一切衰退しないぎぃぃさんのお買い物報告でした。
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


久しぶりの更新…でもないか

2017/08/18 23:24
どうも。食費節約のためにあまり食べなかったら体が省エネモードに入ったのか、この気温でもあまり暑さを感じなくなってしまった仮面ギィィィ…でございます。(太りやすい体質になっただけ)

先日購入した安ノートで書いています。まあ、色々ワンテンポ遅れたりもしますが、それなりに使えています。ただ、Youtubeを見るにはちょっと問題が。
HD画質にすると、激しいコマ落ち。
画像
※印を描き忘れましたが、一番下のdropped frameの箇所。

Microsoft Edgeだと普通に。
画像

ググったら、flash playerのプラグインが重複している可能性があるので、そのいずれか片方を切れとのことですが、google chromeでも最近のバージョンその設定画面が廃止されたそうですね。
初めてgoogle Chromeが恨めしく思えました。他のブラウザ、safariでも使ってみましょうかね。

safariといえば、こんなもの買ってみました。
画像
safarilandのレプリカホルスター。
お座敷シューターなのに、ホルスターだけは色々欲しくなってしまいますねぇ。
需要があればブログにしますが、そうでもなさそうなので。

また話が変わりますが、棚の中でブルーイング液が漏れておりました。
画像
もう処理してしまったので写真はないのですが、どうやらあのブルーイング液、容器のふたをしっかり閉めても倒しておくと中の液体が漏れ出す可能性があります。(当方の容器だけがハズレだった可能性ももちろんあり)
この液体、思った以上に金属を変質させるようですね。液の被害を受けたスプレー式のグリースの金属製のノズルチューブになんと穴が開いてしまいました。焦げているように見えますが、腐食しています。
画像

これ、もしスプレー缶本体に付着していたら…。
以前、消化器の底が錆びて破裂する事故がニュースになったことがありましたが、人的被害はなくても、大切なアイテムを満載している棚の中で同じようなことが起こったら…想像したら嫌ですね。一緒に保管しているスプレー塗料の方が破裂したら本当にエライことになりそうです。

ブルーイング液をお持ちの方、注意したほうがいいかもしれません。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


DELL inspiron 15 3000 (Celeron n3060モデル)

2017/08/05 23:16
自分でもよく分からない買い物。あるいは、ただの買い物下手。
以前から自室のエアコンが壊れていて、ついにその暑さに耐えられず家族共用の空調の効いたスペースに避難したものの、やはりPCを使いたくて…。
ま、Windows 10に触れてみたいという理由もあるのですが。

というわけで、安PC DELLのinspiron 15 3000買ってみました。
画像

画像
ぎぃぃさんはPCは基本自作派ですが、以前組み立てた(厳密には内容ゴッソリ入れ替え)したのはもう5年くらい(?)前、Core 2 Quad 9450とか、そういった時代の話で、OSも8は持っておらず。ていうか、自作機以外まともに使えるPCを持ってなかったり。
スペックはCeleron n3060、メモリ4GB、HDD500GB、等。

安PCということで、ある程度想定はしていましたがやはり色々不便はあるようで。
とりあえず、内容物は非常にシンプル。説明書は多言語表記のパンフレット状、付属品も電源ケーブルとACアダプターのみで、リカバリディスクなし。(写真のマウスは100均のものです)
PC本体もシンプルで、音声入力端子なし、HDDアクセスランプなし、驚くべきは電源のLEDランプが光らない…光る箇所はあるのにLEDが埋め込まれていないようで、とにかくHDDの回転音でしか電源のON・OFF状態が確かめられないくらいのビックリ仕様。
性能の方も、メモリは4GBと大丈夫そうですが、CPUがしょぼ過ぎるのか、Windowsアップデートを自力で処理する能力がないのか、途中で失敗してしまいます。バックグラウンドで何時間か適当に放置&再起動を繰り返しようやくある程度作業が完了したのか、CPU使用率が下がってきました。
ていうか、それとは関係なくCPUの使用率が100%のまま固着してしまうのですが。ウイルススキャンやいくつかのプログラムだけで簡単に100%に達してしまうようです。

三回目のクリーンインストールでようやくその癖が分かってきて手懐けられてきたのですが、なかなか手のかかる子です。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今月のガンプロは…

2017/08/01 10:30
どうということもないのですが、今も買い続けています。今月はボリュームアップの228ページ。M9時代の終焉と題して。
画像
ベレッタ92系を時代遅れとdisるのではとある意味覚悟いましたが、そんなことありませんね。
SIG P320は国内海外問わず、エアガンで発売されるのかな?あのモジュラー構造をエアガンで再現するのは難しいとも思うのですがどうでしょう。

画像
田中さんからベレッタ92のinoxモデルガンですか…。フレームとスライドの微妙な質感の違いもセラコートにて忠実に再現しているとのこと。
KSCからM9A3のGBBがリリースされる話もあるようですが、日本ではサムライエッジの影響もあるのかな?まだまだベレッタ92時代が続きそうですね。

話が変わりますが、2.5インチ用HDD用の外付け化ケースを買いました。厳密には(2つ)買い足し、計3つに。
画像


センチュリー MOBILE BOX USB3.0接続 SATA6G CMB25U3BK6G ブラック/グレー
センチュリー
2013-12-25

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by センチュリー MOBILE BOX USB3.0接続 SATA6G CMB25U3BK6G ブラック/グレー の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ノーブランドのアルミ製のものをすでに持っていたのですが、どうしても使いにくいので贅沢ながら買い変えました。
素材が樹脂になったことで放熱性が低下しそうなので、首に掛ける扇風機(?)の筐体にシリコンの足を貼り付け隙間を確保、空気を通すことで冷却効率向上を画策。
画像




まあ机の上にUSB扇風機があるのでその風を噴きかければ済む話なのですが。

今回も「それだけ」程度のお話です。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


<<  2017年8月のブログ記事  >> 

トップへ

ほびより! 2017年8月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる