ほびより!

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京マルイ エアコキ ガバメントを塗装&ウェザリングしてみた

<<   作成日時 : 2014/07/10 11:31   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 8

画像
相互リンクさせていただいているブログ主の方々の記事を見ているうちに、当方もモデルガンかガスブロでガバメント系の銃が欲しくなってきました。

が、軍資金不足でした

いちおう、東京マルイのエアコキ ガバ(18禁HG)なら持っているのですが、非常に安っぽいんですよ。お世辞にもメタル質感とは言い難く、個人的にはココアのようなイメージです(←なんという幼稚な感想…
画像

というワケで、以前購入して用途不詳となってしまったキャロムショットのチタニウムシルバー色のスプレーで塗装してみることに。

とりあえずフレームのみ塗ってみました。
相変わらずマットな仕上がりですが、フレーム単体で見る限り、意外とイケてる?
画像


で、組み上げてみましたが…
画像

ひ、ひでぇぇぇ
何か夜店のくじ引きで当てた景品のトイガンみたいです。スライドストップ等の小物が黒そのままな分、ココアから“牛”のようなイメージに。

しかし、これも想定内。当方、もう一つやりたいことがあったんですよ。
そうです、記事のタイトルの通り、ウェザリングですね。

銃を再び分解し中性洗剤で洗浄、上から引き続きキャロムショットのブラックスチールを噴いて、メラミンスポンジでシコシコゴシゴシ。

今度こそいい感じ!?
画像


おお、何か戦場から帰ってきたようないい雰囲気になりましたよ〜。
画像

画像

画像

塗装前のオリジナルの写真と比べれば一目瞭然ですね。シルバーの下塗りがところどころ露出して、断然金属質感が高まっています。上塗りのブラックスチールに関しても、ヘアラインのようないい感じです。
まあ、手に取った感じはやっぱり安っぽいエアコキですが、遠目に見ればそこそこ観賞に耐えられそうです。
本当のことを言えば、ウエスタンアームズやタニオコバのちょいお高いガバメント系の銃が欲しいのですが、しばらくはこれで我慢したいと思います。

次はエアコキのM92Fの方にも挑戦したいですね。(その前にブラックスチール買い足さないといけないですが…

画像


≪追加なオマケ≫
某雑誌風にしてみました。
画像
※スペル間違ってましたね。厨房からやり直してきますアハハ…
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
うーんチタニウムシルバーとか非常にザクザクした銀色は、カスタムガバに塗るとカッコイイですけどミリガバは好みが分かれる所ですね^^;

しかしその次のブラックスチールを噴いて意図的に剥がした画像、めちゃめちゃカッコ良いと思います!
当方は下地に銀色を塗ってから黒系の色を塗る、と言うのはやった事がないので真似させてもらいます(笑

>が、軍資金不足でした
当方、ツイッターで「ドゥ・イット!」とかふざけた事言っちゃいましたけど、勿論かめんぎさんのペースで構いません。買うも買わないも個人の自由ですからね。
ガリレオレオ
URL
2014/07/10 14:43
ガリレオレオさん、こんにちは。

個人的にはマットなシルバーはイマイチでしたね。スライドストップ等の小物の影響もあったでしょうが、余計に安っぽさが強調されたような感じでした^^;A

>めちゃめちゃカッコ良いと思います!
ありがとうございます。ガバメントや木製ストックを装備したAKって、やっぱり使用感が味になっていいですよね。この辺りは最近のポリマーオートにはない魅力なのかもしれません。このウェザリング方法は塗料代が高くつくかもしれませんが、下塗りシルバーの削り過ぎさえ気を付ければ簡単でおススメですよ。

今はちょいと金欠ですが、軍資金が溜まればマルシンの銀ガバ(ABSの方)を買おうと考えています。いつかレビューしたいですね。
かめんぎ
2014/07/10 17:28
こんばんは、チキンブリトーです。

ココアと牛のイメージ、というのが結構的確で笑ってしまいました
牛さんのほうは何かのゲームで同じような塗装が出来たのであまり変な感じはしませんが、ミリタリーモデルよりカスタムモデルのほうがシルバー系の塗装は似合いますね。

ウェザリング塗装はかなりかっこ良くなっていますね〜!!!
相手に持たせずに見せたらガスブロと間違えるのでは!?
チキンブリトー
2014/07/10 23:00
自分でやった事も無いくせに偉そうに言って、かめんぎさんからお叱りを受けそうですが、それを覚悟の上で敢えて言います。

(ロアー)フレームのパーティングラインが残ったのは、何んとも残念!!。
ウェザリングが素晴らしいだけに…orz。
なんとか成らなかったのでしょうか…orz。

マルイ・エアコキ・ガバのフレームの元々の造りが、左右分割に成っているので、しょうが無いと思いますが。
又、たとえ左右のフレームをそのまま接着しても、トリガーやハンマーが分解出来なく成っちゃいますもんね…orz。

そう言ゃー友人が造った、同じマルイ・エアコキ・ガバのカスタムを思い出しました。
その友人のカスタムは、かめんぎさんと違ってウェザリングの様な洒落た処理は施してはいませんでしたが、左右フレームを接着しているにも拘わらず、トリガーやハンマーが分解可能と云う物でした。
なんでも、オリジナルのハンマーピンとシアーピンおよびマガジンキャッチリテイナーを削り落とし、それらを新たに自作して分解可能にしたんだとか。

フレームのパーティングラインは綺麗に処理していましたが、仕上げがチープなオリジナルのままでショーモ無かったので、「ここまでカスタムしたのなら、塗装でもして仕上げも何とかすれば良かったのに。」と言ったら、友人は苦笑いしてましたね。
NSDAP
2014/07/10 23:12
チキンブリトーさん、こんばんは。
キャロムショットのチタニウムシルバーは銀というより灰色か白に近いですからね。光の加減もあるかもしれませんが、やっぱり“牛”でした
カスタムガバだと、このようなマットシルバーでかつスライドストップ等の小物が黒というモデルも実在するみたいです。後で気が付いたのですが、雑誌に載っていました^^;

>ウェザリング塗装はかなりかっこ良くなっていますね〜!!!
ありがとうございます。キャロムショットの塗料は高価ですが発色は良く、特にブラックスチールは研磨すれば鉄のような質感が手軽に再現出来るみたいです。
当方もリアルでトイガン趣味をしている友人がいれば、どんなリアクションをするのか、銃を見せてみたいですね(笑)
かめんぎ
2014/07/11 18:25
NSDAPさん
当方はパーティングラインや左右モナカの割れ目を気にするタイプではないのですが、気になる人にはかなり気になるかもしれませんね。
フレームを接着するとなると、ハンマーやシアは市販の金属棒を通せば比較的簡単に解決できそうですが、問題はトリガーとメインスプリングガイドを受けるL字型の金属パーツでしょうかね。マガジンをぐるっと一周囲っているパーツ(名前何でしたっけ?)はマガジンハウジング内の溝にはまっているため、取り出し可能にするにはグリップセーフティ付近を削って一部外観を崩さないと難しいでしょう。あと、メインスプリングを受けるL字型の金具も強度が要求されるだけに3Dプリンターでも自作は難しいでしょうし、オリジナルのまま取り出し可能にするとなるとハンマー付近の外観をかなり犠牲にしないと難しそうです。
当方が考えるやり方はこんな感じですが、友人の方がこれら課題をどんな方法でクリアしたのか、一度見てみたいですね^^
かめんぎ
2014/07/11 18:48
こんばんは、お久しぶりです。
見事なウェザリング塗装ですね。せっかくですからグリップも塗装されてはどうでしょう?
 コーナンのミニホビー用スプレーのチョコレート色というのが、ガバのプラグリップの色にぴったりだと思いますよ。もっともマルイのエアコキのグリップはウッドグリップを再現しているらしく、実銃のプラグリップのネジ穴の縁取りがありませんが^^;
 今はコーナンの通販サイトでは載ってないようですが、かめんぎさんは実店舗に行ける環境のようですから、お店にいらっしゃるとあるのかも?しれません。
 ・・・もしなかったら、すみません^^;
フィンブル
2014/07/14 00:35
フィンブルさん、こんばんは。
グリップの塗装・ウェザリングは当方も考えましたね〜^^; 結局、そんなに目立たないので新品そのままな状態ですが、いずれ挑戦してみたいですね。
ミニホビー用のスプレーは、確か近所のコーナンの塗料コーナーに置いてあったと記憶しております。チョコレート色も、おそらくあるはずだと思いますので、近々確認してみたいと思います。
かめんぎ
2014/07/15 12:22
東京マルイ エアコキ ガバメントを塗装&ウェザリングしてみた ほびより!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる